[JTR]Rd.7 最終戦 黒山健一が優勝、小川友幸が3位でシーズン5連覇V7を達成

■開催日:2017年10月29日
■開催地:スポーツランドSUGO
■観客:900人
■気温:12度
■天候:雨
■競技:8セクション×3ラップ+SS-2セクション
■持ち時間:4時間30分(8セクション×3ラップ)
■最多クリーン数:黒山健一(ヤマハ)&野崎史高(ヤマハ)/18

黒山健一、劇的優勝で今季3勝目獲得!

最終戦となる第7戦東北大会を今年もSUGOで迎えた全日本トライアル選手権シリーズは、最高峰の国際A級スーパークラスにYAMAHA FACTORY RACING TEAMから参戦する黒山健一(ゼッケン2)が劇的優勝を飾り、開幕2連勝以来の今季3勝目を獲得。ヤマハ契約の野崎史高(ゼッケン3)とともに、昨年の最終戦以来1年ぶりとなる「ヤマハ・ワンツー」を成し遂げた。
また、新型エンジン搭載のワークスマシンTYS250Fiでの戦績は、昨年第6戦のデビュー戦以来5勝4敗と、勝ち越すことに成功した。

タイトル争いは、前回第6戦終了時点でトップの小川友幸(ゼッケン1)に12ポイント差をつけられていて厳しい状況の黒山だったが、最終戦はなんとしても勝つ意気込みだった。大会当日は一日中雨となったが、悪天候にもかかわらず多くの観客が集まり、黒山らの熱戦に沸いた。

競技はまず4時間30分の持ち時間で8セクションを3ラップした後、今回の出走14名中上位10名がより難易度の高い2つのスペシャル・セクション(SS)に挑戦して、雌雄を決した。
観客が見やすいように近場に集められたセクションは、雨による路面状況の悪化を考慮して、難易度が低めに設定されていた。トップライダーたちにとっては失敗する(減点5となる)ことができない、神経戦となった。

黒山は1ラップ目の第1セクションこそ1回足を着いて減点1となったが、その後はクリーン(減点0)を連発。第8セクションで2点、第9セクションは惜しくも5点。
1ラップ目終了時点では、1位野崎4点、2位小川5点に続き、3位黒山8点となっていた。2ラップ目は、野崎11点がトップのまま、失敗を重ねた小川15点に対して黒山16点がわずか1点差に迫った。

そして3ラップ目を終えた時点では、黒山があわやオールクリーン(減点は第9セクションの3点のみ)という会心の走りで小川を逆転するとともに、野崎と同点に追いついた。2人は3ラップするのにかかった時間までまったく同じだったため、優劣がつかず。
なんとジャンケンでSSの走行順を決める、前代未聞の措置となった。

ジャンケンの結果は黒山が先に走ることになり、後から走る野崎は、仮に黒山が失敗して5点となったセクションはバタバタと足を着いてでも3点で抜ければ2点差で勝てる、作戦上は野崎が有利と思われた。

実際、SS-1は先に黒山が失敗、野崎は優位に立つチャンスだったが、野崎も失敗。優勝争いは、いよいよSS-2の最終セクションまでもつれ込んだ。ここはSS-1よりもさらに難しく、SS-1を3点で抜けた小川でさえも失敗。

もしも黒山と野崎が2人とも失敗すれば、2人とも優勝か?という話も事前になされていた。ところが、なんと、黒山は見事にこの難関を突破。プレッシャーがかかった野崎が敢なく失敗した結果、黒山の勝利へのあくなき思いが実をむすんだ。

小川友幸が3位でシーズンを締めくくり、5連覇V7を達成

小川友幸(Honda)は第3セクションまでをクリーンとし、小川毅士(ベータ)とともに試合のリーダーとなった。だが、第4セクションで3点となり、ここまで1点の黒山と野崎にトップを明け渡すことになった。滑りやすい路面と戦いながらも、トップライダーたちは減点を最小にまとめ、僅差の勝負が続く。
8セクション3ラップの1ラップ目時点で、トップが4点の野崎、続いて5点の小川で、3位に黒山が8点で続く。

2ラップ目、小川は1ラップ目にクリーンでまとめた第3セクションで5点。セクション後半に設置されたコンクリートブロックではじき返されてしまった。さらに1ラップ目にクリーンで通過した第9セクションでも5点。しかし、ここはコンディションの悪化で、2ラップ目は全員が5点に。

3ラップ目、トップ争いは合計19点の同点で黒山と野崎が競う。小川はやはり第3セクションで5点となってしまい、3ラップの減点合計が29点。さらにタイムオーバーが2点(1分につき1点の減点)つき、31点となった。

残るは2セクションのSS(スペシャルセクション)だが、トップ争いからは12点差。SSを両方ともクリーンでまとめ、ライバルが両セクションで5点になったとしても、逆転ができない点差がついてしまった。最終戦はこれにて勝負あり。

SS第1はライバルがことごとく5点となる中、小川だけが3点で抜け出し、チャンピオンの意地を見せつけることになった。結果、小川は今シーズン初めて、1位と2位以外の順位で試合を終えた。

しかし今回は、全日本チャンピオンが決定する最終戦。3位となってもなお、小川はランキング2位の黒山に7ポイント差をつけてタイトルを獲得。小川のこのタイトルは、2013年からの5連覇に。そして、今回のタイトルは小川自身7回目の全日本タイトル獲得となった。

Gallery

RESULT

1 黒山健一 ヤマハファクトリーレーシングチーム Yamaha 減点25/クリーン18
2 野崎史高 YSP京葉×KENOKUYAMA Sherco 減点29/クリーン18
3 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 減点39/クリーン16
4 小川毅士 宗七音響WiseBetaTeam Beta 減点61/クリーン11
5 野本佳章 モトベント&ベータ Beta 減点77/クリーン7
6 柴田暁 VertigowithMitani Vertigo 減点77/クリーン6
7 斎藤晶夫 Hondaブルーヘルメット Honda 減点92/クリーン6
8 吉良祐哉 チームナミタBeta Beta 減点97/クリーン4
9 久岡孝二 VertigowithMitani Vertigo 減点103/クリーン3
10 藤原慎也 Team Hiroko GasGas 減点104/クリーン2

RIDERS RANKING

1 小川友幸 Honda 129
2 黒山健一 Yamaha 122
3 野崎史高 Sherco 103
4 小川毅士 Beta 95
5 柴田暁 Vertigo 82
6 野本佳章 Beta 66
7 斎藤晶夫 Honda 64
8 久岡孝二 Vertigo 49
9 成田亮 Beta 46
10 藤原慎也 GasGas 39

関連記事

ピックアップ記事

  1. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  2. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  3. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る