HondaがFIM MotoGP世界選手権で2年連続のコンストラクターズタイトルを獲得

最高峰クラス通算23回目のタイトル

Hondaは、2017 FIM MotoGP世界選手権のMotoGPクラスにおいて、コンストラクターズタイトルを獲得した。

10月29日(日)、マレーシアで開催された同世界選手権シリーズ第17戦のマレーシアGPで、レプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team)のマルク・マルケスが4位に入賞。コンストラクターズ2位とのポイント差により、最終戦バレンシアGPを待たずして、2年連続コンストラクターズタイトルを獲得した。

コンストラクターズタイトルは、毎戦、各メーカーのマシンを駆る最上位のライダーが獲得したポイントと同ポイントがメーカーごとに与えられ、その合計によって競われるもの。

今シーズンのタイトル獲得には、ワークスマシン「RC213V」を駆る、レプソル・ホンダ・チームのマルク・マルケス、ダニ・ペドロサと、エルシーアール・ホンダ(LCR Honda)のカル・クラッチローの3選手のポイントが反映され、Hondaのタイトル獲得に貢献した。

最高峰クラスでの同タイトル獲得数は、1966年に500cc・4ストロークエンジンのRC181で初めて獲得して以来、通算で23回となった。

171030_05

以下プレスリリースより


2017年MotoGPクラス コンストラクターズタイトル獲得ポイント

※第17戦終了時
1位 Honda 332ポイント 
2位 Ducati 303ポイント 
3位 Yamaha 301ポイント 
4位 Suzuki 87ポイント 
5位 Aprilia 64ポイント 
6位 KTM 64ポイント

Hondaがロードレース世界選手権において、全クラスで獲得したコンストラクターズタイトルは、合計で67タイトルになります。

500ccクラス/MotoGP 23回 
350ccクラス 6回 
250ccクラス 19回 
125ccクラス/Moto3 17回 
50ccクラス 2回

【関連ニュース】
[MotoGP]Rd.17 ドゥカティ勢が1-2フィニッシュ!ドヴィツィオーゾが優勝しタイトルへ望みをつなぐ

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る