[MotoGP]Rd.17 ドゥカティ勢が1-2フィニッシュ!ドヴィツィオーゾが優勝しタイトルへ望みをつなぐ

■大会名称:MotoGP第17戦マレーシアGP
■開催日:2017年10月29日(日)決勝結果
■開催地:セパンサーキット/マレーシア(5.548km)
■コースコンディション:ドライ
■周回数:20周(110.86 km)
■気温:25度
■路面温度:33度
■PP:D・ペドロサ(1分59秒212/ホンダ)
■FL:A・ドビツィオーゾ(2分13秒084/ドゥカティ)

ドヴィツィオーゾが優勝、ロレンソは今季最高の2位

2017 MotoGP第17戦マレーシアGPが、セパン・インターナショナル・サーキットで開催された。Ducatiのドヴィツィオーゾとロレンソは、ウェットコンディションをものともせず、1-2体勢でチェッカーを受け、ふたり揃って表彰台に登壇した。

ドヴィツィオーゾにとっては今季6勝目。Hondaのマルケスとのチャンピオンシップ争いを最終戦のバレンシアまで持ち越すことに成功した。

ドヴィツィオーゾは予選3番手。スタートは完璧とは言えず、オープニングラップはペドロサ(Honda)とバトルを展開。やがてペドロサを攻略すると、マルケスを5周目にオーバーテイク。さらに首位を行くザルコ(Yamaha)とロレンソの追撃にかかった。

ドゥカティチームのふたりは、9周目に揃ってザルコをパス。さらにドヴィツィオーゾは、残り5周時点でチームメイトを抜き去り、そのままチェッカーを受けた。

ロレンソも『今シーズンの集大成』とコメントするほどの走りを披露。2列目からスタート良く飛び出し、すぐにラップリーダーのザルコをピタリとマークした。

9周目にはドヴィツィオーゾを従えてヤマハライダーをオーバーテイク。終盤にドヴィツィオーゾに抜かれると、チームメイトの後について2位でフィニッシュラインを通過した。

このリザルトにより、ドゥカティは合計303ポイントを獲得し、ヤマハに2ポイント差をつけて、コンストラクターズ部門で2位に浮上した。

マルケスが4位でタイトル獲得に向け前進。ペドロサは5位

タイトル王手で今大会を迎えたマルケスは、ドライ、ウェットとともに着実にマシンのセットアップを進めたが、ドライコンディションで行われた予選では、痛恨の転倒を喫し7番グリッド。ウェットコンディションとなった決勝も、思うようなパフォーマンスを発揮できなかった。

決勝レースはフルウェットで開始。その難しいコンディションの中で、マルケスは3列目7番グリッドから好スタートを切ると、オープニングラップで3番手につけるも、5周目に4番手へとポジションを落とす。

それからは4番手をキープする走りに徹し、22周のレースでチェッカーを受けた。

今季3回目のポールポジションを獲得したペドロサは、この数戦苦戦してきたウェットコンディションで健闘し、5位でチェッカーを受けた。

Hondaが2年連続23回目のコンストラクターズタイトルを獲得

マルケスが4位でフィニッシュしたことで、Hondaはコンストラクターズポイントを332点とし、2位のドゥカティに29点差となった。これで2年連続23回目のコンストラクターズタイトル獲得が決定した。

果敢に攻めたYamaha勢。ロッシが7位、ビニャーレスが9位

グリッドにマシンを並べると、セパン・インターナショナル・サーキットの上空には雨雲が広がった。ウォームアップ・セッションがドライ・コンディションで行われていたため、いきなりの天候変化によってタイヤ・チョイスがいつも以上に重要な要素となった。

ふたりはそのなかでも、滑りやすい路面に足を取られないよう注意しながら最後までハードにプッシュ。それぞれ7位と9位でチェッカーを受け、貴重なポイントを持ち帰った。

また、Monster Yamaha Tech3 Teamのザルコが3位を獲得し、グランプリのルーキー・シーズンに2度目の表彰台に上った。

雨が降りしきるなかグリッド2番手から好スタートを切ったザルコは、8ラップ目までレースをリード。その後3番手に後退し、ヤマハ勢トップの3位でチェッカーを受けた。

一方、J・フォルガーの代役に抜擢されてグランプリ・デビューを果たしたファン・デル・マークは、悪天候に苦しみながらも最後まで懸命にプッシュ。グリッド8列目からスタート後、すぐさまリズムをつかむと安定したペースでライディングを続け、何人かのMotoGPライダーを抑えて16位で完走を果たした。

上り調子のSuzuki勢はアンラッキーな結果に

日本、オーストラリアとポジティブな結果を残し、さらなる期待の掛かった3連戦最後のマレーシアGP。フリー走行、予選、ウォームアップと順調な流れで決勝を迎えたチームスズキエクスターの2人。

しかし、レース直前の大雨でコンディションの変わった路面に翻弄され、イアンノーネ17位。リンスはピットインの際にコースをショートカットしてしまい、失格・リタイアという思いもよらない結果で締めくくることとなった。

シーズンタイトル争いは最終戦バレンシアへ

今大会で優勝したドヴィツィオーゾは、総合首位のマルケスとの差を21とし、タイトル獲得への望みをつないだ。最終戦となる次戦バレンシアGPでは、マルケスが11位以内に入れば自力チャンピオンが決定する。

マルケスはレース後、『バレンシアの決勝ではチャンピオンシップポイントのアドバンテージに油断することなく、100%で取り組みたい』とコメント。

ドヴィツィオーゾは、『バレンシアはマルケス得意のコースなのでかなり厳しいとは思うが、自信を持ってスペイン入りして、是非ともイタリアに勝利を持ち帰りたい』とコメントを残している。

MotoGP リザルト

1 4 A.ドヴィツィオーゾ ドゥカティ 44’51.497
2 99 J.ロレンソ ドゥカティ +0.743
3 5 J.ザルコ ヤマハ +9.738
4 93 マルク・マルケス Honda +17.763
5 26 ダニ・ペドロサ Honda +29.144
6 9 D.ペトルッチ ドゥカティ +30.380
7 46 V.ロッシ ヤマハ +30.769
8 43 ジャック・ミラー Honda +35.238
9 25 M.ビニャーレス ヤマハ +38.053
10 44 P.エスパルガロ KTM +39.847
11 19 A.バウティスタ ドゥカティ +42.559
12 38 B.スミス KTM +44.602
13 45 S.レディング ドゥカティ +48.696
14 8 H.バルベラ ドゥカティ +50.058
15 35 カル・クラッチロー Honda +50.705
16 60 M.ファン・デル・マーク ヤマハ +56.397
17 29 A.イアンノーネ スズキ +58.391
18 53 ティト・ラバト Honda +1’25.571
RT 22 S.ロース アプリリア +11Laps
RT 17 K.アブラハム ドゥカティ +12Laps
RT 76 L.バズ ドゥカティ +15Laps
RT 42 A.リンス スズキ -

MotoGP ポイントランキング

1 93 マルク・マルケス Honda 282
2 4 A.ドヴィツィオーゾ ドゥカティ 261
3 25 M.ビニャーレス ヤマハ 226
4 46 V.ロッシ ヤマハ 197
5 26 ダニ・ペドロサ Honda 185
6 5 J.ザルコ ヤマハ 154
7 99 J.ロレンソ ドゥカティ 137
8 9 D.ペトルッチ ドゥカティ 121
9 35 カル・クラッチロー Honda 104
10 94 J.フォルガー ヤマハ 84
11 19 A.バウティスタ ドゥカティ 75
12 43 ジャック・ミラー Honda 73
13 45 S.レディング ドゥカティ 64
14 41 A.エスパルガロ アプリリア 62
15 29 A.イアンノーネ スズキ 60
16 44 P.エスパルガロ KTM 55
17 42 A.リンス スズキ 46
18 76 L.バズ ドゥカティ 45
19 17 K.アブラハム ドゥカティ 30
20 53 ティト・ラバト Honda 29
21 8 H.バルベラ ドゥカティ 27
22 38 B.スミス KTM 24
23 51 M.ピロ ドゥカティ 18
24 36 M.カリオ KTM 11
25 22 S.ロース アプリリア 5
26 21 中須賀克行 ヤマハ 4
27 50 S.ギュントーリ スズキ 1
28 60 M.ファン・デル・マーク ヤマハ 0
29 12 津田拓也 スズキ 0
30 7 青山博一 Honda 0
31 23 B.パークス ヤマハ 0

コンストラクターランキング

1 Honda 332
2 ドゥカティ 303
3 ヤマハ 301
4 スズキ 87
5 アプリリア 64
6 KTM 64

チームランキング

1 Repsol Honda Team 467
2 Movistar Yamaha MotoGP 423
3 Ducati Team 398
4 Monster Yamaha Tech 3 238
5 OCTO Pramac Racing 185
6 Team SUZUKI ECSTAR 107
7 Pull&Bear Aspar Team 105
8 LCR Honda 104
9 Estrella Galicia 0,0 Marc VDS 102
10 Red Bull KTM Factory Racing 79
11 Reale Avintia Racing 72
12 Aprilia Racing Team Gresini 67

Rd.17 マレーシアGP フォトギャラリー

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る