【ハーレー 新型ソフテイルシリーズ試乗会 動画+試乗レポート】BREAKOUT 114 すべてを置き去りにする怒涛のドラッグマシン

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

【動画】「BREAKOUT 114」試乗インプレッション

強烈なトルク

今回試乗したニューソフテイルの中で最も強烈な個性を感じたのがブレイクアウトだ。

目一杯低いシートとこれでもかとストレッチされた車体。1.7m近いホイールベースは新型ソフテイル一の長さだ。BREAKOUTには「脱出」とか「強行突破」などの意味があるようだ。さしずめ、“ぶち破る”という感じだろうか。

240mmの超ワイドタイヤから蹴り出される114キュービックインチ(1868cc)のトルクは強烈そのものだ。ちなみに最大トルク155Nm/3000rpmという数字はかつてゼロヨン加速で世界最速と言われたGSX1300Rハヤブサの138Nm(14.1kgf・m)/7,000rpmを軽く上回る。

スロットル全開での加速がどれほど凄まじいか想像できよう。まさにドラッグレーサーそのものだ。新型ソフテイルの114エンジンはすべて同じ仕様なのだが、ことさらブレイクアウトの低い車体と硬めのリヤショックで受け止めるダイレクト感はやはり際立っている。

新型ではエンジンがリジッドマウントで排気量も大幅アップしているため、さらに鼓動感も強調されているのだ。

ハーレーの哲学を感じる乗り味

ライポジがまた独特で、低く構えた一文字ハンドルとフォワードコントロールのステップから作られるライディングスタイルは、見た目は最高にカッコいいが実際にこれで飛ばすとなるとやや難儀。
ちょいワル感をスタイリッシュにキメたいなら、多少の苦労は甘んじて受け入れなくてはならない。それもブレイクアウトに乗るための資格と言えよう。

コーナリングは実にダイナミックだ。これだけリヤタイヤが太いと寝かし込みに大きめのアクションが必要だが、一旦バンクさせると大きな面で路面を捉えている絶大な安心感があり、ついついアクセルを開けてしまう。

遠いところで巨大な21インチホイールがぶんぶん回っているし、バンク角を示すリーンアングルは26.8度と新型ソフテイルの中でも「ファットボーイ」に次いで少ないが、ややリーンアウト気味に上体を内側に入れるなど乗り方を工夫すればよく曲がる。
そして路面の近さに感動するのだ。

ほとんどスピードメーターしか付いていないシンプルなハンドルまわりなど思い切った割り切り感が逆に気持ちよく、ズドンとした鼓動を聞きながら高速道路をクルーズしていると晴れやかな気分になる。

これがハーレーの哲学だと知り、さらに感動するのだ。

【FXSB SOFTAIL BREAKOUT:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る
ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
  2. ヤマハ発動機販売は、需要の創出や二輪市場活性化を目指し、より多くの人にツーリングの楽しみを提…
  3. トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、福岡県にある正規販売店「トライアンフ福岡」を1…
  4. エレガントなスタイリング&優れた動力性能 スズキは、エレガントなスタイリングと快適性、充実…
ページ上部へ戻る