東京モーターショー2017 SUZUKIブースギャラリー

「第45回東京モーターショー2017」スズキブースでは、待望の「アドレスV125」の後継スクーターとも言える「SWISH」が発表された。

SWISH

「SWISH」は「アドレスV125」と同じ前後10インチの軽快さと、スタイリッシュなデザインが魅力的な1台。ガソリン給油口がフロント側に装備されたことで、シート下容量も大きくなっており、使い勝手も向上している。原付2種スクーターユーザーにとっては、発売が待ち遠しい1台だ。

GSX-R125

日本初公開の「GSX-R125」はすでに東南アジアで販売が開始されており、17インチフルサイズの原付2種ロードスポーツとして非常に楽しみな1台。すでに発売が開始されているGSX-S125と共に原付2種クラスをさらに盛り上げる1台になりそうだ。

SV650X


関連記事

編集部おすすめ

  1. 前回:カスタムプロジェクト#5 セラコート塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オ…
  2. 前回:カスタムプロジェクト#4 フロントフォーク編 昨年2018年末の第46回マシン・…
  3. 前回:カスタムプロジェクト#3 続・塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オブ・ザ…
  4. 前回:カスタムプロジェクト#2 塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オブ・ザ・イ…
ページ上部へ戻る