【ハーレー 新型ソフテイルシリーズ試乗会 動画+試乗レポート】FATBOB 114 コーナリングを心底楽しめる巨大ファイター

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

【動画】「FATBOB 114」試乗インプレッション

強気のルックスに怪物級のトルク

これは文句なくカッコいい。引き締まったフロントマスクに切り詰められたテール、巨大なエンジンにマスが集中したデザイン。

強大なパワーとトルクを表現したようなスタイリングは、盛り上がった筋肉を誇示するファイターか荒ぶる猛牛のようだ。まさに強気のルックス。

ファットボブは新型ソフテイルの中では最も走りにこだわったマシンである。

それは、シリーズ中で唯一のカートリッジ式倒立フォークや路面追従性を高めるロングストローク仕様のリヤショックを採用している点からも明らか。
レイク(キャスター角)も28度とネイキッド並みに立っていて、旋回性重視のディメンションであることが分かる。

エンジンはハイパワーなミルウォーキーエイト114仕様で、1868ccから吐き出されるトルクは怪物級。リジッドマウントならではのダイレクトな鼓動感とともに、ダイナマイトで吹き飛ばされるような加速感を味わえる。
それでいて、スロットルの応答は非常にスムーズで開けやすいのは、シリーズ全体に共通した優れた特長だ。ECUの制御の進化とともにデュアルバランサーやハーレー特有のベルトドライブの利点だと思う。

ハーレーでコーナリングが楽しめる、新たな価値観

シートは段付きで怒涛の加速に対してもしっかりと腰をホールドしてくれるタイプ。
程良くライズしたワイドバーに腕を伸ばし、足を前に投げ出した威風堂々のライポジは、やや大柄だが乗っているだけで優越感に浸れるハーレーマジック。まさに陸の王者の風格だ。

ロングストロークのサスペンションは減衰力が効いていて、300㎏を超す巨体でもへこたれないスポーティな作動感が好印象。
リーンアングルも32度と新型ソフテイルでは最も深く、普通のスポーツバイクの感覚でワインディングを攻めていける。
フロント150に対してリヤ180というサイズ故にやや倒し込みでの粘りはあるものの、旋回中の挙動は軽やかでスロットルを開けさえすればグイグイ向きを変えていくトラクション旋回が楽しい。

角目のLEDヘッドライトや角張ったタンク、跳ね上がった縦2本出しマフラーを採用するなど、見た目からして超アグレッシブになったファットボブは、新型ソフテイルの中でも最もイメチェンに成功したモデルと言える。

コーナリングを心底楽しめるハーレーという、新たな価値観を確立した一台と言えるだろう。

【FXDF DYNA FATBOB:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る
ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ダイネーゼジャパンは、全国のDainese Store(札幌店・名古屋店・大阪店を除く)で、…
  2. やっぱり2018年モデルはよくできてます! スーパーカブといえば、長きに渡って様々なユーザ…
  3. NEXCO中日本は、7月1日(日)から11月30日(金)までの期間、三重県内の高速道路が定額…
  4. 2017年モデルで懐かしの並列2気筒アメリカンのレブル(250)が、500&250の2バリエ…
ページ上部へ戻る