東京モーターショー2017 KAWASAKIブースギャラリー

「第45回東京モーターショー2017」カワサキブースでは、公開前から話題のZ900RS、そしてNinja250、400がフルモデルチェンジして発表されました。

Z900RS

「Z900RS」はティーザー広告やスクープ記事でだいぶ前から注目が集まっていたが、ついに正式発表された。水冷4気筒900㏄エンジン、ラジアルマウントブレーキ、倒立フォークにシングルショックサスペンション、トラクションコントロールなど、装備は最新のオンロードスポーツだが、ヘッドライトからテールランプまでの流れるようなラインは、間違いなく名車「Z」をイメージさせる。発売は2017年12月とのこと。






Z900RS カスタムモデルギャラリー




Ninja250

250㏄スポーツの流行を作った傑作「Ninja250」もフルモデルチェンジ。Ninja1000と同様のシャープな顔つきとスタイリング。新しくなったエンジンは250㏄クラス最強となる39馬力を発生する。車体が軽量化されたことで、スポーツ走行からツーリングまで幅広く楽しめる性能にさらに磨きがかかっている事が期待される。

Ninja400

「Ninja400」もフルモデルチェンジ。250と同様にNinjaシリーズ共通のデザインとなった。250㏄とほぼ同じ車体に400㏄エンジンが搭載されるとのことで、重量もNinja250からわずかに増えた168㎏に抑えられている。こちらもツーリングからスポーツ走行まで幅広く活躍してくれるモデルとして期待される。



関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る