カワサキの新型Z900RSを眺めつつ、希代の名車「Z1」に思いを馳せる

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

今週から「東京モーターショー2017」が始まった。各メーカーから様々な新しいモデルやコンセプトが提示されているが、その中でもひと際注目を集めているのがカワサキの「Z900RS」だろう。往年の名車、Z1をオマージュした最新モデルだ。

実は先日、日本を代表する「Z」マイスターと呼ばれる方々と話をする機会があった。Zで長年レース活動をしたり、Z系カスタムの潮流を作ってきた匠たちだ。「Z」とは言わずと知れたカワサキの往年の名車、Z1(900RS)を始祖とするZシリーズである。

すべてを包括したカワサキの最高傑作機

Z1は、当時世界最速と言われたホンダ・CB750Fourをすべての面で上回ることを目標に、当時では珍しかった空冷直列4気筒DOHCエンジンを搭載するなど最先端の技術が投入されたスポーツモデルとして1972年に登場した。

北米市場をターゲットに開発コードは「ニューヨークステーキ」と呼ばれるなど、まさにヨダレが出そうな豪華で高性能な最高級マシンとして、足かけ5年の歳月をかけて完成させた川崎重工の傑作機である。

最高出力82馬力、ゼロヨン加速12秒、最高速度210km/h以上というスペックはもちろん当時の世界トップレベル。Z1は言わばその時代のスーパースポーツであり、最速マシンであり、ラグジュアリーツアラーでもあったのだ。

結果、世界中で爆発的なセールスを記録し、レースでも黎明期のAMAスーパーバイク選手権や鈴鹿8耐でもその速さを実証。
その後はZ1000やローソン・レプリカで知られるZ1000R、そしてZ1100GP、GPZ1100へと排気量を拡大しつつ進化熟成。現在まで続く熱狂的なZファンを育てるなど、ビッグバイクのカワサキの礎を築いた。

「オーバークオリティ」と言われた品質の高さ

さて、Zマイスターの方々との話に戻そう。Zを知り尽くした彼ら皆が口を揃える言葉がある。「オーバークオリティ」。

川崎重工は創業以来、航空機や潜水艦を作ってきた会社だ。こうした製品は万が一にも故障があってはならない。それと同じ基準で2輪製品としては過剰な品質で作られているから頑丈で壊れないし、エンジンのボアアップなど過激なチューニングにもよく耐える。

考えてみれば、そうだ。未だにテイスト・オブ・ツクバなどの旧車レースでも現役で走り続けているし、しかも現代のスーパースポーツ並みのタイムで走ってしまう。もちろん高度なチューニングを施されてはいるが、私の知る限り他にそんなモデルは存在しない。

現代のバイクとは異なるスポーツマインド

もうひとつ、マイスターたちが語ってやまないのが“乗り味”について。走っていてZ1ほど楽しいバイクはないと言う。私もZ1に乗ったことがあり、かつて旧Z系モデルを所有していたことがあるので分かるつもりだが、なんとも素晴らしい乗り味なのだ。

その正体は何か。空冷直4エンジンの重いクランクがゴロゴロと回る感覚や、ダブルオーバーヘッドカムが猛烈に仕事を開始する高回転域の伸びやかな加速感。
ときに暴れ馬のようによれる鉄フレームをいなしながら乗りこなす野性味だったり、大径ホイールがぶんぶん回ることで得られる安定感と細いタイヤから伝わってくるダイレクトな接地感など、現代のバイクとは異質のスポーツマインドがZにはあった。

次元は低いかもしれないが、今のバイクよりも操っている実感は濃厚で、上手く乗りこなすにはライダーの腕が求められたし、ライダーがマシンと協調して走らせてやる必要があった。
その意味でも乗馬により近い感覚だったかもしれない。そこが面白かったのだ。今でも旧Z系モデルはプレミアムが付くほどの高値で取り引きされているが、乗ってみればその理由も分かるというものだ。

自分は懐古主義者ではないが、その時代に創られたモーターサイクルの最高傑作の一台というのは紛れもない事実。そのヒストリーに人は魅了されるのだ。

新世代Zは語り継がれる名車になれるか

そして今回の「東京モーターショー2017」でもZ900RSに熱い視線が注がれている。「タイムレスZ」をコンセプトに40年の時を経て、Z1が持っていた「操る悦び」を最新技術で再現したという。
開発ベースになっているのは、欧州で人気のストリートファイター的なスタイリングが特徴の現行Z900である。ただ、名前が同じでもその尖がったデザインには違和感を覚えた旧Z世代もいたかもしれない。かく言う私もそのひとりだ。

それが今回、誰が見ても往年のZ1を彷彿させるデザインと風格が与えられている。エンジンは水冷化され、倒立フォークにシングルショックが与えられるなど現代的になっているが、それがレトロスポーツとどう化学反応を起こすか。

前述のZマイスター達にも聞いてみたが、新世代Zに大いに期待している様子だった。長く語り継がれる名車になれるか否かは、ユーザーの受け入れ方にかかっている。Zファンのひとりとしても温かく見守っていきたい。

【Z900RS:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る
ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  2. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  3. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る