ヤマハ、第45回東京モーターショー2017 ヤマハブース概要を発表

ヤマハ発動機は、10月27日(金)~11月5日(日)の期間、東京ビッグサイトで開催される「第45回 東京モーターショー2017」の概要を発表した。

「YAMAHA FUTURE GARAGE 響きあう未来へ。」をテーマに、世界初披露のワールドプレミア6モデル、日本初披露のジャパンプレミア4モデルを含むコンセプトモデルと市販車、合わせて20モデルを出展する。

主な出展モデル

■MOTOROiD モトロイド(参考出展車) ※世界初披露
新しい感動体験の創出を目的に、知能化技術というインテリジェンスを用いて、「人とマシンが共響するパーソナルモビリティ」を目指す概念検証実験機です。開発コンセプトは、「UNLEASHED PROTOTYPE(常識からの解放)」。
オーナーの存在を認識するなどまるで生きているようなインタラクション(相互作用)機能を持ち、こうしたチャレンジに取り組みながら、新しい価値を生み出す技術の獲得を目指しています。

■NIKEN ナイケン(参考出展車) ※世界初披露
水冷直列3気筒エンジンを搭載した大型LMW(リーニング・マルチ・ホイール)。走行環境変化の影響を受けにくく、旋回時の高い安定感を生み出すLMWテクノロジーを搭載し、さまざまに変化する路面や、コーナーが続くワインディングロードを自在に駆け抜ける高いスポーツ性能を実現します。
ボディデザインは、フロント15インチタイヤとタンデム・倒立式フロントサスペンションの組み合わせというこれまでにないメカニズムを活かし、スポーティな運動性能を視覚化するとともに、上質感を両立させました。

■TRITOWN トリタウン(参考出展車) ※世界初披露
LMW機構を備えたフロント2輪の小型電動立ち乗りモビリティ。ライダー自身のバランスコントロールによって姿勢制御を行うシンプルな機構で、ラストワンマイルの移動をワクワク楽しい時間にします。軽く小さな車体とカンタン操作で幅広い人々の短距離移動のツールとなる他、乗車状態でその場での静止も可能。

■MWC-4 エムダブリュシーフォー(参考出展車) ※世界初披露
“ハーフサイズモビリティ”をコンセプトに開発した、二輪車から発想したモビリティの可能性を広げる前後2輪の4輪LMW。従来の二輪車にはない快適性と、発電用エンジンを備えたモータードライブや姿勢制御技術が実現する新感覚の走行フィーリングを、モーターサイクルと楽器からインスパイアされたスタイリングで表現しました。

■MOTOBOT Ver.2 モトボットバージョン2 (技術展示) ※世界初披露
モーターサイクル技術とロボティクス技術を融合し、未知の領域を開拓する自律ライディングロボットです。車両そのものには手を入れず、ヒト側から見た車両操作にフォーカスし、高速でのサーキット走行を可能にしました。
2017年の開発マイルストーンとして設定したのは、「200km/h以上でのサーキット走行」と、MotoGPのトップライダー、バレンティーノ・ロッシ選手とのバトル。MOTOBOTの開発で得た高度な要素技術や知見は、既存ビジネスの新たな価値創造や、新規ビジネスの開拓に活かされます。

■YZR-M1 ワイゼットアールエムワン(参考出展車/レース専用車)
世界最高峰の二輪車ロードレースMotoGPに出場するレース専用車です。車名の“M”はレース活動によって得た技術を市販車にフィードバックする使命(Mission)と、MotoGPでチャンピオンを獲得する使命に由来します。2002年のデビュー以来、これまで通算7回の年間チャンピオンを獲得しています。

■YZF-R6 ワイゼットエフアールシックス(市販車)
優れたサーキットパフォーマンスと、ワインディングロードでの高次元のパフォーマンスに磨きをかけて、YZF-R6が9年ぶりにモデルチェンジ。Rシリーズ直系のスタイリングとともに、YZF-R1の開発で培った制御技術やパーツを随所に織り込み、ライダーのパフォーマンスを引き出す高次元のハンドリング性能を実現。

■Star Venture スターベンチャー(市販車)
長距離ツーリングのための機能をフルドレスした、クルーザーモデルのフラッグシップです。旅の楽しさを広げる情報システム、上質な仕立てとダイナミックな力感を融合させたボディデザイン、最新の電子制御技術、市販車初の電動前後駆動装置の装備などが特徴。
旅を彩るオーディオシステムは、走行中の音響効果を重点に、ヤマハ(株)との共同作業で作り込みを行いました。

■MT-10 ABS エムティテン ABS (市販車)
クロスプレーン型クランクシャフトを備えた997㎝3の水冷直列4気筒エンジンを搭載する、MTシリーズの最高峰モデル。意のままに操れるストリート最強のスポーツ性能と、多用途で楽しめる機能を集約しました。力強いエンジンの存在感と、パワーフローを強調したサイドビューがスタイリングの特徴。

■MT-09 ABS エムティゼロナインABS (市販車)
日常の速度域で、意のままに操る悦びを提供する「MT-09 ABS」の最新モデル。穏やかな車体挙動と軽いクラッチ操作を実現するアシスト&スリッパ―クラッチを新たに搭載。さらに2つのモードのトラクション・コントロール・システムを採用し、より滑らかな発進性・走行性でライダーをサポートします。

■XSR700 ABS エックスエスアール700 ABS (市販車)
オーセンティックなスタイリングに、水冷4ストローク直列2気筒の270度クランク688cm3エンジンを搭載したロードスポーツモデル。街中もリラックスかつカジュアルに楽しめる性能、カスタマイズの可能性を想起させるボディ構成を調和させたモデルです。11月6日、日本市場で発売。

■TMAX530 DX ABS ティーマックス530ディーエックス ABS(市販車)
2001年に国内発売し、オートマチック・スーパースポーツというカテゴリーを切り拓いたMAXシリーズの最高峰モデル。滑らかなレスポンスとスポーティなパワーフィールを両立する電子制御スロットル、軽量アルミフレーム、リンク式リアサスペンションがスポーティな走行性能を生み出します。

■XMAX ABS エックスマックス ABS (市販車)
新設計の水冷249cm3 BLUE COREエンジンを搭載したスクーターです。開発コンセプトとして掲げた「MAXimize, commuting FUNction」を実現するため、モーターサイクルタイプのフロントフォークや、トラクション・コントロール・システムなどのさまざまな機能、余裕のシート下トランクなどを採用しています。
2018年1月25日、日本市場で発売。

■TRICITY155 ABS トリシティ155 ABS(市販車)
「TRICITY125」で実証済みのスポーティな走りと、安定感を両立した新しい楽しさ、そして斬新なスタイルをさらに進化。余裕のある走りと所有感を向上させ、LMWの魅力を広げるモデル。高速道路の走行も可能です。

■YZ450F ワイゼット450エフ(市販車)
オフロードコンペティションYZシリーズのトップエンドモデルです。2018年モデルは、旋回性と走破性を向上させた新フレームに、パワー感と操作感を向上させた新スペックエンジンを搭載。また、スマートフォンアプリできめ細かいエンジンセッティングを可能とする新パワーチューナーを装備しています。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る