ホンダ、「第45回 東京モーターショー2017」発信概要を発表

ホンダは、10月27日(金)~11月5日(日)の期間、東京ビッグサイトで開催される「第45回 東京モーターショー2017」の発信概要を発表した。

以下プレスリリースより


代表取締役社長 八郷隆弘の発信サマリー

Hondaには、二輪車・四輪車・パワープロダクツ・ジェットなどの多岐に渡るモノづくりの力と商品を通じて得た「世界2800万人のお客様との繋がり」があります。
これらは、Hondaの「すべての人に生活の可能性が拡がる喜びを提供する」という想いの具現化の証です。その想いは、国を超え・時代を超えて拡がってきました。
今後も引き続き、二輪車・四輪車ともに、強みであるグローバルモデルのラインアップを強化し、魅力ある商品を幅広く、世界中のお客様にお届けしていきます。

さらに、「カーボンフリー社会の実現」に向け、技術・商品の開発に取り組んでいます。ガソリンモデルの低公害化・低燃費化を進め、四輪車においては、ハイブリッドモデルのラインアップを拡充してきました。
今後もハイブリッドモデル、プラグインハイブリッドモデル、EVモデルを強化しますが、電動化技術を搭載したモデルにおいても、「役立つ喜び」・「操る喜び」を実現していきます。Hondaは、お客様の生活の可能性を拡げるチャレンジを今後も続けてまいります。

主な展示モデル 二輪車

■Honda Riding Assist-e(ホンダ・ライディング・アシスト・イー)
ロボティクス研究で培ったHonda独自のバランス制御技術を、二輪車に応用した実験車。
転倒リスクを軽減し、二輪車のある生活をより安心で楽しいものにすることを目指して開発。

■Neo Sports Café Concept(ネオ・スポーツ・カフェ・コンセプト)
スポーツバイクの楽しさと美しさ、新世代の車体パッケージを融合したネイキッドスポーツのコンセプトモデル。今回、実車を世界初公開。

■スーパーカブ110 1億台記念車
スーパーカブの世界生産累計1億台達成と2018年に迎える誕生60周年を記念し、東京モーターショー用に特別製作したモデル。

■スーパーカブ C125
初代スーパーカブ(C100)が持つパーソナルコミューターとしてのデザインと機能の魅力を受け継ぎながら進化した125ccモデル。
スマートキーや電動シートオープナーなどの最新装備を備え、かつ余裕ある走りを実現。

■モンキー 125
ショート&トールボディーのモンキーならではのバランスで構成されたデフォルメ感ある車体に、125cc水平単気筒エンジンを搭載。
LED灯火器やデジタルメーターの採用などにより、モンキーの新たな魅力を追及したモデル。

■ゴールドウィング ツアー/ゴールドウィング
フラッグシップモデルとして進化してきたグランドツアラーモデルをフルモデルチェンジ。
新開発の水平対向6気筒エンジンや7速DCT、独自開発のダブルウィッシュボーンサスペンションなどを採用。日本では2018年4月にスタートする新販売網のHonda Dreamで販売予定。

■PCX ELECTRIC(エレクトリック)
Honda独自開発の高出力モーターと、着脱可能なHonda Mobile Power Packを搭載した電動スクーター。2018年に日本を含むアジア地域で発売予定。

■PCX HYBRID(ハイブリッド)
Honda独自の二輪車用ハイブリッドシステムを新開発。高出力のバッテリーとACGスターターによりエンジンをアシストすることで、コンパクトなシステムでありながらトルクフルな走りを実現したモデル。2018年に日本を含むアジア地域で発売予定。

■クロスカブ 110
市街地にもアウトドアにも似合うクロスオーバースタイルで、カブの新たな魅力を提案するモデル。レッグシールドレス、太目なタイヤの採用などにより、タフなイメージを強調したレジャー志向のカブ。

>>Honda 東京モーターショー 2017 特設サイト

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る