【新車】「マジェスティ S XC155」2018年モデルを1/25に発売 LEDヘッドランプ、DC電源ジャックなど装備を充実

ヤマハ発動機は、155cm3水冷・4ストロークエンジン搭載のスクーター「マジェスティ S XC155」のフロントフェイスを一新、装備を充実させ、カラーリング変更を行った2018年モデルを2018年1月25日に発売することを発表した。

「マジェスティ S XC155」は、高い走行性能と利便性、都市部でも扱いやすいコンパクトなサイズが幅広いユーザーから支持されている。

2018年モデルの主な変更点は、1)LEDヘッドランプおよびLED導光ポジションランプ採用により精悍なフロントフェイスへデザインを一新、2)フロントポケットへの12V DC電源ジャックの採用など。
カラーリングは、スポーティなツートーンカラー2色を含む4色を設定した。なお本製品の製造は、ヤマハモーター台湾で行われる。
メーカー希望小売価格は、372,600円。

マジェスティ S XC155

メーカー希望小売価格:372,600円

【シルキーホワイト(ホワイト)】

【マットダークブルーイッシュグレーメタリック3(マットダークグレー)】

【ブラックメタリックX(ブラック)】

【ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)】

フィーチャーマップ

主要仕様諸元

認定形式/原動機打刻型式 2BK-SG52J/G3K3E
全長×全幅×全高 2,030mm ×715mm×1,115mm
シート高 795mm
軸間距離 1,405mm
最低地上高 90mm
車両重量 145kg
燃料消費率*1 国土交通省届出値
60km/h定地燃費値*2
40.0Km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値(クラス)*3 37.5km/L(クラス2、サブクラス2-1)1名乗車時
原動機種類 水冷,4ストローク,SOHC,4バルブ
気筒数配列 単気筒
総排気量 155cm3
内径×行程 58.0mm × 58.7mm
圧縮比 11.0:1
最高出力 11kW(15PS)/7,500r/min
最大トルク 14N・m(1.4kgf・m)/6,000r/min
始動方式 セルフ式
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 1.0L
燃料タンク容量 7.4L(無鉛レギュラーガソリン指定)
燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V,6.5Ah(10HR)/GT7B-4
1次減速比/2次減速比 1.000/8.787(45/13×33/13)
クラッチ形式 乾式, 遠心, シュー
変速装置/変速方法 Vベルト式無段変速/オートマチック
変速比 2.480-0.740:無段変速
フレーム形式 バックボーン
キャスター/トレール 26°00′/80mm
タイヤサイズ(前/後) 120/70-13 M/C 53P/130/70-13 M/C 57P(前後チューブレス)
制動装置形式(前/後) 油圧式シングルディスク/
油圧式シングルディスク
懸架方式(前/後) テレスコピック/ユニットスイング
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ LED/LED×10(LED module×4)

*1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
*2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測の燃料消費率です。
*3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界最大の国際オートバイ・スクーター専門見本市であるモーターサイクルショー『EICMA』、通…
  2. 箱根ターンパイクは、年始恒例の「初日の出」に合わせた「特別イベント」を2018年元旦に開催す…
  3. 世界最大の国際オートバイ・スクーター専門見本市であるモーターサイクルショー『EICMA』、通…
ページ上部へ戻る