[MotoGP]Rd.16 マルケスが今季6勝目を挙げ、タイトルに王手をかける

■大会名称:MotoGP第16戦オーストラリアGP
■開催日:2017年10月22日(日)決勝結果
■開催地:フィリップアイランド/オーストラリア(4.445km)
■周回数:27周(120.096 km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:16度
■路面温度:29度
■PP:M・マルケス(1分28秒386/ホンダ)
■FL:J・ザルコ(1分29秒572/ヤマハ)

Hondaのマルケスが今季6勝目。4戦連続表彰台を獲得

日本GPからの連戦となった第16戦オーストラリアGPは、今季7回目のポールポジションを獲得したマルケスが、好スタートから7台に膨れ上がったトップ集団での戦いを制し、今季6勝目を達成した。

序盤から中盤にかけては、ロッシ、ビニャーレス、そしてザルコらのヤマハ勢と激しくポジションを入れ替え、手に汗握る接戦を展開。

しかし終盤に入ってからペースを上げるとラスト7周でトップに。その後は後続をジリジリと引き離し、最後は2位争いの集団に約2秒のリードを築いてフィニッシュした。

予選12番手から決勝に挑んだペドロサは、マシンのパフォーマンスを十分に引き出せず苦戦を強いられ、12位でレースを終えた。

昨年、同じフィリップアイランドサーキットで勝利したクラッチローは、朝のウォームアップで転倒を喫し、ドクターストップの可能性もありながらも、決勝レースではトップグループに加わり、5位でフィニッシュした。

Yamahaのロッシとビニャーレスが2位と3位。ダブル表彰台獲得

Movistar Yamaha MotoGPのロッシとビニャーレスは、7台による激しいトップ争いを果敢に走り切って2位と3位を獲得。ダブル表彰台はチームにとって、今季4回目の快挙となった。

ロッシはグリッド7番手から好スタート。すぐに5番手につけ、プッシュを続けてビニャーレスの後ろの4番手に上がって1ラップ目を終了。その後も着実に順位を上げ、5ラップ目にはトップに躍り出た。

しかしトップグループでは混沌とした状態が続く。数台が激しく順位を入れ替わる混乱のなかで、ロッシは繰り返し自己ベストを更新しながら攻め続け、ついには再び2番手に上がって最終ラップに突入。

この時点でトップのマルケスとの差は2秒まで広がっていたため、ロッシはザルコとビニャーレスの追撃を抑えることに集中。そしてトップから1.799秒差の2位でチェッカーを受け、自己通算17回目となるフィリップアイランドの表彰台に上った。

一方のビニャーレスも好スタートを切り、1週目を3番手で終了。その後も常に上位で争いながらも、終盤には毎周順位変動するほどのバトルに突入。

ロッシが果敢に仕掛ける一方で、ビニャーレスはひとつずつ慎重にポジションを上げてゆく作戦。しかし前方では激しいポジション争いが続き、また後方から攻め立てるザルコとイアンノーネに押し出される格好で7番手まで後退してしまったため、再び身体を伏せてペースアップを余儀なくされた。

そして残り5ラップでミラーとクラッチローをとらえ、さらにイアンノーネとザルコをパスして3番手に浮上。トップから1.826秒差の3位でチェッカーを受けた。

また、Monster Yamaha Tech3 Teamのザルコも終始トップ争いを展開。トップグループのなかで何度かポジションを入れ替えながら果敢に走り切り、最終的には3位に0.016秒差の4位となった。この活躍によりルーキー・オブ・ザ・イヤーを確実にしている。

Suzukiはイアンノーネが6位、リンスが8位

Team SUZUKI ECSTARのイアンノーネとリンスは、終始トップグループに留まり、イアンノーネが6位、リンスが8位と、ふたり揃ってシングルフィニッシュとなった。

朝のウォームアップは冷たい雨に見舞われ、イアンノーネ、リンス共にセッティングに苦しみ、それぞれ12番手と21番手と苦戦を強いられたものの、午後になって気温が上昇し、時折降る雨で濡れる路面も直ぐに乾き、決勝前には青空が広がった。

イアンノーネはスタート直後から積極的にプッシュし、終始トップグループで順位争いを繰り返し、終盤には一時2番手までポジションを上げるも、惜しくも表彰台を逃しての6位フィニッシュに終わった。

リンスもイアンノーネ同様、スタート直後からアグレッシブに攻め、少し差が開いたトップグループにじりじりと迫り合流。その後も安定したラップタイムで走行を続けるも、オーバーテイクができないまま8位でチェッカーを受けた。

Ducati勢は苦戦。ドヴィツィオーゾが13位、ロレンソが15位

Ducatiのドヴィツィオーゾとロレンソは、今大会では予想以上の苦戦を強いられる展開に。

4列目からスタートしたドヴィツィオーゾは、スタートで順位を上げることができず、オープニングラップ終了時点で11番手。その後、ターン1手前のブレーキングが遅れて12番手に後退。

リカバリーはしたものの、その後は11番手にとどまり、最終ラップの最終コーナーでレディングとペドロサにオーバーテイクされ、13位でチェッカーを受けた。

チームメイトのロレンソは、昨日のクラッシュによる負傷が癒えず、13番手前後で走行するシーンが大半だった。しかし、終盤に15番手にポジションを落とし、そのままフィニッシュラインを通過した。

マルケスがシーズンタイトルに王手

今大会で優勝したマルケスは、13位に終わったドヴィツィオーゾとの差を33点に広げ、タイトルに王手。次戦マレーシアGPで26点差をつけるか、もしくはドヴィツィオーゾに先着すれば、2年連続4回目のチャンピオンが決定する。

MotoGP リザルト

1 93 マルク・マルケス Honda 40’49.772
2 46 V.ロッシ ヤマハ +1.799
3 25 M.ビニャーレス ヤマハ +1.826
4 5 J.ザルコ ヤマハ +1.842
5 35 カル・クラッチロー Honda +3.845
6 29 A.イアンノーネ スズキ +3.871
7 43 ジャック・ミラー Honda +5.619
8 42 A.リンス スズキ +12.208
9 44 P.エスパルガロ KTM +16.251
10 38 B.スミス KTM +16.262
11 45 S.レディング ドゥカティ +21.652
12 26 ダニ・ペドロサ Honda +21.668
13 4 A.ドヴィツィオーゾ ドゥカティ +21.692
14 17 K.アブラハム ドゥカティ +26.110
15 99 J.ロレンソ ドゥカティ +26.168
16 53 ティト・ラバト Honda +26.252
17 19 A.バウティスタ ドゥカティ +36.377
18 76 L.バズ ドゥカティ +39.654
19 22 S.ロース アプリリア +40.400
20 8 H.バルベラ ドゥカティ +45.901
21 9 D.ペトルッチ ドゥカティ +48.768
22 23 B.パークス ヤマハ +57.711
RT 41 A.エスパルガロ アプリリア -

MotoGP ポイントランキング

1 93 マルク・マルケス Honda 269
2 4 A.ドヴィツィオーゾ ドゥカティ 236
3 25 M.ビニャーレス ヤマハ 219
4 46 V.ロッシ ヤマハ 188
5 26 ダニ・ペドロサ Honda 174
6 5 J.ザルコ ヤマハ 138
7 99 J.ロレンソ ドゥカティ 117
8 9 D.ペトルッチ ドゥカティ 111
9 35 カル・クラッチロー Honda 103
10 94 J.フォルガー ヤマハ 84
11 19 A.バウティスタ ドゥカティ 70
12 43 ジャック・ミラー Honda 65
13 41 A.エスパルガロ アプリリア 62
14 45 S.レディング ドゥカティ 61
15 29 A.イアンノーネ スズキ 60
16 44 P.エスパルガロ KTM 49
17 42 A.リンス スズキ 46
18 76 L.バズ ドゥカティ 45
19 17 K.アブラハム ドゥカティ 30
20 53 ティト・ラバト Honda 29
21 8 H.バルベラ ドゥカティ 25
22 38 B.スミス KTM 20
23 51 M.ピロ ドゥカティ 18
24 36 M.カリオ KTM 11
25 22 S.ロース アプリリア 5
26 21 中須賀克行 ヤマハ 4
27 50 S.ギュントーリ スズキ 1
28 12 津田拓也 スズキ 0
29 7 青山博一 Honda 0
30 23 B.パークス ヤマハ 0

コンストラクター

1 Honda 319
2 ヤマハ 285
3 ドゥカティ 278
4 スズキ 87
5 アプリリア 64
6 KTM 58

チーム

1 Repsol Honda Team 443
2 Movistar Yamaha MotoGP 407
3 Ducati Team 353
4 Monster Yamaha Tech 3 222
5 OCTO Pramac Racing 172
6 Team SUZUKI ECSTAR 107
7 LCR Honda 103
8 Pull&Bear Aspar Team 100
9 Estrella Galicia 0,0 Marc VDS 94
10 Reale Avintia Racing 70
11 Red Bull KTM Factory Racing 69
12 Aprilia Racing Team Gresini 67

ギャラリー

関連記事

編集部おすすめ

  1. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  2. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  3. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  4. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
ページ上部へ戻る