MOTOROiDはコミュニケーション対応か 東京モーターショー2017 ヤマハ先進技術が面白い!

▲【YAMAHA MOTOROiD(モトロイド)| 正式写真 参考出展車】背景画はヤングマシンが合成したもの

ヤマハが10月25~11月5日に東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」について、出展モデルの一部を正式発表した。

ブースのテーマは「ヤマハ・フューチャーガレージ」とし、「もっと広がるモビリティの世界」を提案。展示の内容は【1】先進技術、【2】LMW(リーニングマルチホイール)、【3】現行モデルとなっており、それぞれの分野で未来を感じさせるモデルを出展する。

1.先進技術

ヤマハは世界初公開が6モデル、日本初公開が4モデル!

ヤマハの情報筋によると、MOTOROiD=モトロイドと名付けられた参考出展車は、人とマシンの関係性を変えていくことを目指しているという。

これまでの人とマシンの関係は「所有」だったが、モトロイドはその一線を越えて「パートナー」のような存在になるようだ。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る