飛行機、掃除機、宇宙エレベーターまで!? ヤマハ、「もしも○○がLMWだったら」学生コンテスト編ムービーを公開

プロトタイプの考案から制作までを行う、学生たちの”モノづくり”

ヤマハ発動機は、フロント2輪の3輪バイク「TRICITY」にも搭載されているLMWテクノロジーを応用し、豊かな発想力と完成度の高さを競い合う「LMW Challenge 学生コンテスト」を開催した。

※LMW:モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両の総称、商標登録第5646157号。

このコンテストは、「“楽しい移動を創るパーソナルモビリティ”、“人・地球・社会にやさしい知的な技術”、“豊かな生活を創る”プロダクト制作」をテーマに、参加者がプロトタイプの考案から制作までを行うもの。

今回の参加者は、日ごろからモビリティなどの構造研究などを行っている、法政大学の「機械研究会」「航空工学研究会」「自動車研究会」の3団体。それぞれが5日間を用いてプロトタイプを制作した。

ヤマハ発動機は公式サイトにて、その様子を動画で公開している。

「もしも○○がLMWだったら。」学生コンテスト編 ダイジェスト版

プロトタイプをコミュニケーションプラザで展示中

なお、今回制作されたプロトタイプは、ヤマハ発動機の企業ミュージアム「ヤマハコミュニケーションプラザ」で11月19日(日)(予定)まで展示されている。

「もしも○○がLMWだったら。」学生コンテスト編 フルver.

参考動画:「もしも○○がLMWだったら。」ベビーカー編

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  2. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  3. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  4. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
ページ上部へ戻る