KOOD「クロモリアクスルシャフト・F/R/SWアーム用(MT-09用)」体感レベルで走りが変わる!

【PR】

バンキングがクイック!全てがダイレクトに変化

【ビッグマシン・ゼロ:文-沼尾宏明 写真-真弓悟史】

▲材料をはじめ、3層メッキやセンターレス研磨など加工法にこだわり抜き、抜群の精度と剛性を実現したアクスルシャフト。その真価を体感した!

ノーマルのアクスルシャフトはコスト重視で、開発でも重点が置かれることはまずない。これをクロモリ鋼を用いて剛性を上げ、精度も高めて走りを変えることが同製品の狙いだ。実際、全日本ライダーの津田拓也&一磨兄弟がテストし、タイムが1秒早くなったデータもある。

前回の紹介に続き、今回はMT–09に装着して実走してみた。

【Webikeショッピング】
フロントアクスルシャフト/リアアクスルシャフト/ピボットシャフト 商品ページ

TEST 1 フロントアクスル シャープかつダイレクト!

▲路面からの情報を吸収し、しなやかなSTDに対し、KOODは遊びがなく、シャープな乗り心地に。外観は、右側が六角ヘッドとなり、メッキの輝きが美しい。

まずフロントアクスルのみ変更。一般的なライダーの筆者に効果が体感できるか不安だったが、驚いたことに「違い」を動き出した瞬間から感じる。
取り回しから「滑らかだな」と思い、走り始めてもホイールの動きが軽やかな印象。加速する際はもちろん、負荷のかかるゼロ発進で特にフリクションの減少を顕著に体感できる。

そして倒し込みが軽い。フロントまわりの遊びが減り、剛性が増したフィーリングでスパッと車体を倒せるのだ。一方、路面の細かい凹凸が生々しくハンドルに伝わってきて、インフォメーションが増えた。明らかにダイレクト感が増した印象だ。

TEST 2 リヤアクスル 接地感&安心度アップに貢献

▲キビキビ感が増したフロントに対し、接地面積が広がったようで、安心してアクセルオンできる感覚が強くなった。難しいセッティングをしなくても、単純に装着するだけで大幅に走りが変わる手軽さもポイントだ。

加えてリヤもクードに変更。よりスムーズに加速する上に、路面からの情報量が一段と増大した。さらに旋回中の安定感がアップし、積極的に右手を開けたくなる印象だ。
クロモリ鋼の特性と高い精度により、しなりが減る分、ステムやサス、スイングアームなどの足まわりがリニアに働き、乗り手の操作とマシンの挙動がダイレクトに伝わるのだろう。

TEST 3 スイングアームピボット リヤサスの動きが向上!

▲リヤサスの動きが上質になったような印象。荒れた路面でのバタバタ感が減り、凸凹をスムーズに吸収。コーナーの踏ん張りも増したような……。仕上げの差も歴然で、クードを見た後だとノーマルは何とも安っぽい。

なお、クードによると「リヤの方が効果的」とのこと。確かに変化は実感できたが、最初に変えたせいか、個人的にはフロントの方がSTDからの変化幅やインパクトを大きく感じられた。
愛車のシャキシャキ感をアップさせたい人にうってつけの1本。特に重量車のユーザーで、もっと街乗りやワインディングでの軽快感をアップさせたい人にぜひ推薦したい。

●税込価格(MT-09用):フロント32,400円/リヤ43,200円/スイングアームピボット43,200円

【Webikeショッピング】
フロントアクスルシャフト/リアアクスルシャフト/ピボットシャフト 商品ページ

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る