【新車】ドゥカティ、2018年モデル Monster 821を発表 モンスターラインナップ中最も優れたバランスに

ドゥカティは、2018年シーズンに向けて登場する5機種のニューモデルの第一弾として、Monster 821を発表した。
今回、アップデートが施されたこのネイキットバイクのアイコン・モデルは、1992年10月に開催されたケルン・モーターショーで発表された初代モンスターの誕生25周年を記念したものとなっている。

Monster 821には、モンスター1200 に導入されたデザインおよび機能が移植された。
1992年の初代バージョンにインスパイアされ、完全にデザインが見直された燃料タンクやテール・デザインにより、スリムで俊敏なスタイルに生まれ変わり、クラシックでありながらも現代的な新しいレーシング・サイレンサーとヘッドライトも、ニューデザインのハイライトとなっている。

モンスター821には、ドゥカティ・セーフティ・パックも搭載され、ボッシュ製ABSとドゥカティ・トラクション・コントロールから構成されるこのシステムは、ライダーの好みに合わせて介入レベルを調整することができる。
同様に、パワー・モードを介して、最高出力とスロットル・レスポンスを調整することも可能。
3つのレベルがあらかじめ設定されたライディング・モードを選択することによって、ABS、DTC、パワー・モードを変更して、モンスター821のキャラクターを瞬時に変化させることができる。

カラーは、ドゥカティ・レッド、ダーク・ステルス、ドゥカティ・イエローの3種類が設定され、伝統的なドゥカティ・イエローは、長年にわたって多くのファンに愛されてきたカラーとなっている。

日本での発売時期及び価格は未定。

Ducati Monster 821

カラー
・ドゥカティ・イエロー
 フレーム:ブラック
 ホイール:ブラック

・ドゥカティ・レッド
 フレーム:レッド
 ホイール:ブラック

・ダーク・ステルス
 フレーム:ブラック
 ホイール:ブラック

主要装備
・821cc テスタストレッタ 11°エンジン
・ユーロ4 規制に適合
・最高出力 107ps/9,250rpm
・シリンダー・ヘッドに固定されたトレリスフレーム
・両持ち式スイングアーム
・新デザイン燃料タンク(タンク固定バックル付き)
・新テール・デザイン
・新サイレンサー
・新デザインヘッドライト
・別体式ライダー&パッセンジャー・フットペグ
・TFT カラー液晶ディスプレイ(ギアポジション・インジケーター、燃料計付き)
・3 種類のライディング・モード
・3 種類のパワー・モード
・ドゥカティ・セーフティ・パック(3 段階の ABS、8 段階の DTC)
・43mm 径フロント・フォーク
・アジャスタブル・モノショック
・調整可能なシート高
・リア・シートカバー


【MONSTER 821:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

情報提供元 [ Ducati Japan ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る