Jトリップ「はじめてスタンド(リヤスタンド)」ひとりで軽々リフトアップ!

【PR】


ビッグバイクも自転車感覚 使い勝手と信頼性に納得!

【ビッグマシン・ゼロ:文-沼尾宏明 写真-真弓悟史】

車体を直立させ、タイヤを浮かせるメンテナンススタンド。「レーシングスタンド」とも呼ばれるが、サーキットに限定することなく、日常のメンテに大活躍するアイテムだ。Jトリップは、この分野で高い支持とシェアを獲得しているブランド。今回紹介するリヤ用の「はじめてスタンド」は、その名の通りビギナーでも簡単に使えるスタンドだ。

メンテナンススタンドは、基本的に1人がバイクを保持し、もう1人がスタンドを操作するが、ナント同製品は1人でもOK。バイクの中空アクスルにシャフトを貫通させて連結させるため、スタンドが外れたりグラつくことなく、1人でも不安なくリフトアップできるのだ。

●税込価格:15,660円●色:赤、白、黒 ●貫通シャフトで確実リフト

両サイドの受けと、車体の中空アクスルに付属のシャフトを貫通させる。これでスタンドが固定され、1人で上げることが可能に。シャフトは、アクスル径φ9mm以上に対応。

実際に試しても実に簡単&確実。CBR1000RRが自転車並みに「スコン」とあっけなく上げられたので驚いた。抵抗の少ないローラーが支点となって地面を転がるため、圧倒的に軽い力で済むのだ。

●高さは3段階可変 25mmピッチで3段階の高さ調整が可能。17インチからブロックパターンの18インチまで対応する。受けにはキズ防止のラバーも。

後輪を自由に回せるため、面倒なホイールの掃除、チェーンの清掃&注油が楽勝。キャリパー整備の際、補助パイプがジャマしない形状なのもいい。本体は水抜きのドレンを設けたスチール製で、洗車も問題ない。

【Webikeショッピング】
はじめてスタンド 商品ページ

品質にこだわる純日本製バイクスタンド

東大阪で生産される日本製のため、品質や耐久性も抜群。全日本選手権や量販店などのピットでも市販品と全く同じものが使われ、ビッグバイクが何度も上げ下げされているが、破損報告はないという。また、地震などの揺れにも強くタイヤが接地しないため長期保管にも役立つ。

●受け金具は交換可 シャフトが通らない車種やタイヤの着脱をしたい場合は、オプションの受け金具を使用。スタンドフックを装着して使う「V受け」、両持ちスイングアームならほぼOKの「L受け」を用意。ただ、VとLは2人で操作する。

──そして何より、スッと直立した愛車の姿が美しい。これだけでも購入の動機として十分アリだろう。

中空アクスルでない車種にもアタッチメント交換で対応でき、汎用性も高い。一度購入すればバイクを乗り換えても使い続けられ、まさに一生モノとなる。なるべくムダを廃し、価格を抑えているのもうれしい。

スタンドアップ手順

(1)ハンドル左切り&ブレーキロック
ハンドルをめいっぱい左に切り、付属のバンドなどでブレーキレバーを固定。写真は別売りのブレーキロック(918円)だ。

(2)スタンド装着
スタンドの内幅は、車体と指1~2本分を開けた位置に調整。シャフトをアクスルに貫通させる。

(3)立ち位置に注目
ナンバープレートの横付近に立ち、シートカウルを持って車体を直立させ、両側のローラーを接地させる。ハンドルが左に切れているので右に倒れる危険性は少ない。

(4)力を入れず軽々リフト
スタンドを車体に潜り込ませるイメージで足を踏み降ろせば完了。スタンドの高さが低いほど軽い力で済む。サイドスタンドは出したままでOK。

【Webikeショッピング】
はじめてスタンド 商品ページ

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る