11/4・5に全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦が鈴鹿サーキットで開催

全日本ロードレース選手権最終戦第49回MFJグランプリ スーパーバイクレースin鈴鹿が、鈴鹿サーキットで11月4日(土)、11月5日(日)に開催される。

前戦岡山大会でJ-GP2クラスはすでに水野涼がチャンピオンを獲得。その他3クラスのタイトル争いは最終戦まで持ち越された。

今大会では2レースが行なわれ、大逆転チャンスとなる最高峰JSB1000クラスでは、ランキングリーダーの津田拓也からランキング6位の濱原颯道までがタイトル獲得の可能性を残している。
昨年は榎戸育寛がランキング6位から大逆転でタイトルを獲得するという劇的な最終戦となったST600クラスも前田恵助を筆頭に4人にチャンピオンのチャンスを残している。

J-GP3クラスでも4人がタイトル獲得の可能性を持っている。ランキングリーダーの小室旭とランキング2位の伊達悠太のベテラン対若手の意地のぶつかり合いも見物だ。

また、併催のMFJカップJP250では、ナショナルクラスは前戦岡山大会で上原大輝が最終戦を待たずしてシリーズタイトルを獲得したが、インタークラスは岡山大会で暫定ランキングトップに立った藤井謙汰と2位佐野優斗の差はわずか5.5ポイントでこちらの最終決戦にも注目が集まっている。

開催要項

■大会名称
2017 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦
第49回 MFJ グランプリ スーパーバイクレースin 鈴鹿

■開催日程
11月4日(土)公式予選
11月5日(日)決勝

■開催クラス
JSB1000/J-GP2/ST600/J-GP3/併催 MFJカップ JP250

■会場
鈴鹿サーキット 国際レーシングコース

■入場料
<前売り券(2日間有効・税込)>
《観戦券+モートピアパスポート1日券付き》大人3,600円、中・高校生3,600円、小学生3,100円、3歳~未就学児2,000円
《観戦券のみ》大人の設定なし、中・高校生1,700円、小学生800円、3歳~未就学児600円
《グループチケット(モートピアパスポート1日券付き)》3名9,750円、4名12,300円、5名14,400円

<当日券(税込)>
《11月4日》入園料のみ《11月5日》大人4,100円、3歳~高校生は入園料のみ

■主催
株式会社モビリティランド/一般財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)

■公認
国際モーターサイクリズム連盟(FIM)

■後援
スポーツ庁/観光庁/三重県/鈴鹿市/鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会/一般社団法人鈴鹿市観光協会/鈴鹿商工会議所

>>公式サイト

→全文を読む

情報提供元 [ 日本モーターサイクルスポーツ協会 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 日本郵便は、10月19日(木)から全国の郵便局(一部の簡易郵便局は除く)と「郵便局のネットシ…
  2. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  3. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  4. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
ページ上部へ戻る