【Webikeチームノリックヤマハ】2017年全日本ロードレース選手権シリーズ 第8戦

■大会名:全日本ロードレース選手権シリーズ 第8戦 岡山国際サーキット
■開催日:2017年9月30日(土)~ 10月1日(日)
■開催場所:岡山県 岡山国際サーキット

■ライダー/レース結果
JSB1000クラス
#47 上和田 拓海 決勝:14位

全日本ロードレース選手権シリーズ第8戦が岡山県の岡山国際サーキットにて開催されました。
ウェビックチームノリックヤマハからはJSB1000クラスに上和田 拓海選手が出場しています。

前回のレースは早い段階で自身のリズムに乗ることができず、終始ペースを掴めぬまま終えるという悔いを残す結果となりました。その気持ちをバネに今回のレースに臨んだ上和田選手。
気合十分な姿を後押しするように、予選の天候は好調で、晴天の下ドライコンディションでのスタートとなりました。

予選レポート

予選はラウンド1の上位10名がラウンド2へ進むノックアウト形式となります。
スタート後、前半で本人にとっても及第点と言えるタイムを出したところでタイヤ交換のため一度ピットイン。タイヤ交換を終えここからタイムを上げていくというタイミングで、前走車などの影響でなかなかペースを作れず、後半は思うようにタイムを伸ばすことができませんでした。
予選通過タイムは1’30.742で、決勝レースは18番手からのスタートとなりました。

決勝レポート

迎えた日曜日、この日の決勝は1周3703m、24周のレースで行われました。
18番手からスタートした上和田選手は、良い出だしとなり、2周目には15番手まで上がります。その後一時は17番手まで下がりますが、3周目には16番手となります。
前走車に引っ張られるようにペースを上げながら走り続けます。18周目には15番手、22周目には14番手へと順位を上げ、14着にてフィニッシュです!

ポイント獲得によりランキングは22位から20位にランクアップ。
決勝レース中に自己ベストが出たこともあり、上和田選手自身も今回のレースで今後の糧になる経験を得られたようです。

次回、全日本ロードレース選手権シリーズ 第9戦は11/4(土)~ 11月5日(日)に三重県 鈴鹿サーキットにて開催されます。
残すところあと1戦。第9戦は最終ラウンドです!
応援をよろしくお願いします!

上和田 拓海

■全日本ロードレース選手権シリーズ JSB1000
決勝リザルト:14位 Best Time:1’30.412

上和田 拓海 選手コメント

今回は事前テストからセッションを重ねる毎に、着実にタイムをアップすることが出来ていていました。
前日の走行では1本目で転倒をしてしまいましたが、自分自身のペースも悪くない手応えで、初日は前向きに終える事が出来ました。

予選ではタイヤを2セット使用しており、1セット目である程度のタイムを出すことは出来ました。ピットインして2セット目をはめてタイムアタックに入ったところで、
前車に引っかかったり、ミスをしたりと、中々思うようにリズムを取れず、タイムを上げることができないまま18番手に終わってしまいました。

決勝は、まずまず良いスタートが切れたと思います。序盤は前の集団に必死でついていくことができて、その間に自己ベストを出すことができました。アベレージの面でもベストで走れていましたが、
それ以上に前のライダーのペースが早く、終盤にかけて離されてしまい、付いて行くことが出来ず14位フィニッシュでした。

順位としては満足出来ない内容ですが、決勝中の自己ベスト、アベレージアップなどを考えれば、前戦までよりも前向きな結果で終われたと思っています!

今年も残すは最終戦のみとなりました。
しっかりと準備をして、この1年間で得たものを全て出し切り、悔いの残らないレースにしたいと思います。
残り1戦、諦めず全力で上位を目指します!!

今回もたくさんの応援と多くのサポート、本当にありがとうございました!

photo byIshizaki Nobuki , Komai Toshiyuki

→全文を読む

情報提供元 [ Webike Motosport ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【PR】 画質が鮮明、自動録画や衝撃センサーも重宝する 【ビッグマシン・ゼロ:文…
  2. Hondaは、ロングセラーのロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR」と、防風…
  3. 【PR】 バンキングがクイック!全てがダイレクトに変化 【ビッグマシン・ゼロ:文…
  4. 【PR】 性能復活だけじゃない遙かな高みの入口へ 【ビッグマシン・ゼロ:文-沼尾…
ページ上部へ戻る