Speed of Japan、清成龍一がモリワキレーシングと契約を継続

スピードオブジャパンは、MFJ全日本ロードレース選手権シリーズJSB1000クラスにフル参戦をしている清成龍一が、モリワキレーシングと来季2018年も契約を継続したことを発表した。

清成龍一は、モリワキレーシングと今季から契約をし、FIM世界耐久選手権シリーズ 鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦している。

チームと清成は来季も鈴鹿8時間耐久ロードレースとMFJ全日本ロードレース選手権シリーズJSB1000クラスに参戦する。
チームは高橋裕紀選手の契約継続も同時に発表し、今季と同じ体制で鈴鹿8耐優勝、全日本制覇を目指す。

JRR JSB1000クラスと鈴鹿8耐へ継続参戦

■参戦シリーズ
2018 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ JSB1000シリーズ
2018 第41回鈴鹿8時間耐久ロードレース

■チーム
モリワキレーシング

■マシン
HONDA CBR1000RR

【清成龍一 コメント】

今年、全日本ロードJSB1000優勝、鈴鹿8時間耐久優勝という目標に向かって走り始めましたが、現在、それを達成出来ていません。その可能性を感じていますし、やり遂げたいと思っています。
もう一年、その目標に向かって戦います。まだまだ納得できるセッティングを模索している最中で、様々なトライを重ねています。挑戦は続きますが、諦めるつもりはありません。モリワキと共に成長したいと思っています。

【森脇 緑(モリワキレーシング)コメント】

清成選手の継続起用はモリワキレーシングにとって心強い戦力であり、彼のプロフェッショナルライダーとしての姿勢はチームの士気を高めます。来季は更なる高みを目指し彼と共にレースへ挑み続けます。

→全文を読む

情報提供元 [ Speed of Japan ]

関連記事

ピックアップ記事

  1. 進化を続ける伝統モデル Hondaは、力強い出力特性の水冷・4ストローク・DOHC・直列4…
  2. Hondaは、ロングセラーのロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR」と、防風…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 最近ニュースを騒がしている事件と言えば、今…
ページ上部へ戻る