カブが日本・熊本生産に! ホンダ・2018新型スーパーカブ50/110のクロスカブ仕様を予想

【HONDA 2018新型クロスカブ110 予想CG 公開予定日:10月25日】

2012年から中国で生産されるようになったスーパーカブが、60周年を迎える2018年モデルで刷新し、再び日本で生産されることが明らかになるとともに、東京モーターショー出展モデルとして写真が公開された。
それだけではなく、これまでヤングマシン本誌でスクープしてきた通り、新型にはクロスカブ仕様も存在し、それも東モに出展されるのだ。
ここでは新型スーパーカブを解説するとともに、写真が公開されていない2018新型クロスカブの姿も新たに予想してみた。

カブは原点回帰、LEDヘッドライトも採用

9月29日、ホンダが「第45回東京モーターショー2017」Hondaブース出展概要についてのリリースを発行した。それとともに新型スーパーカブ50/110の写真も公開。その姿は2008年まで生産されていた“オリジナル”の姿に原点回帰したもので、新しさよりも懐かしさが感じられるものだった。メカニズム的にどのような変更がなされたのかはアナウンスがないので不明だが、写真で判断する限り従来のエンジンとフレームを踏襲し、規制対応や外装の刷新を図ったと思われる

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

ピックアップ記事

  1. 進化を続ける伝統モデル Hondaは、力強い出力特性の水冷・4ストローク・DOHC・直列4…
  2. Hondaは、ロングセラーのロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR」と、防風…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 最近ニュースを騒がしている事件と言えば、今…
ページ上部へ戻る