名車“音感図鑑”3【動画】ロータリーの咆哮

名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより気になる名車のサウンド動画を抜粋してお届けします。
第3回は“国産唯一の市販ロータリーエンジン”SUZUKI RE-5A(1975年)です。

世界初の量産2輪車ロータリーモデル

’74年11月、高品質・高性能の代名詞となった日本製バイクに、新しい時代を築くモデルがスズキから登場。それが、国産で唯一の市販ロータリーバイクのRE-5だ。
ロータリーエンジンは、ピストンがシリンダーの中を往復運動するレシプロエンジンに対し、おむすび形のローターがまゆ形のハウジングの中で回転する画期的な構造で、コンパクトでハイパワー、低振動なのが特徴。4輪では、すでに’67年に東洋工業(現:マツダ)が量産化に成功し、コスモスポーツに搭載。

また、2輪でも’73年にドイツのDKWがハーキュレスW2000(294㏄)の生産を開始していた。そうした中、RE-5は497㏄の排気量から62psという、レシプロの750㏄クラスに匹敵する性能を実現。イタルデザインの創始者であるシウジアーロがデザインした先進的なスタイルも、大きな話題となった。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 無駄を削ぎ落としたスタイリング&専用設定されたサイレンサー構造 ヨシムラからGSX-R12…
  2. ヤマハ発動機と、東南アジア配車サービス最大手のGrabは、インドネシアを中心とした東南アジア…
  3. ※画像は国交省報道発表資料のスクリーンショット この冬はカード集めに熱くなろう! 国土交通省…
  4. アネスト岩田ターンパイク箱根と伊豆スカイラインは、2019年2月10日(土)から3月10日(…
ページ上部へ戻る