ヤマハから「XSR700 ABS」が発売 並列2気筒のネオレトロスポーツの可能性とは

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

ヤマハから「XSR700 ABS」の日本仕様が11月6日より発売される。

日本人ビルダーが提案したMT-07カスタムがルーツ

「XSR700 ABS」の開発コンセプトは「アーバン・カジュアル・レトロスター」。つまり、都会でも気軽に楽しめるレトロな雰囲気を持ったスポーツバイクということだ。

先に発売されている「MT-07」をベースモデルに、懐かしさと近未来が混ざり合ったような外観を持ち、質感の高いパーツが組み込まれているのが特徴だ。

XSR700の原型は、YAMAHA MOTOR EUROPEが仕掛けるカスタムプロジェクト「Faster Sones」から生まれたコンセプトモデルで、日本人カスタムビルダーの木村信也氏がMT-07をベースに製作したもの。

これが評判となり、欧州主導で製品化されたXSR700は2015年から発売され、現地でも人気を博すなど、すでに実績のあるモデルだ。

270度クロスプレーンが生み出す鼓動感とトラクション

エンジンは、「MT-07」にも搭載されているクロスプレーン・コンセプトに基づいた、水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ688ccを採用。実用域で使用頻度の高い回転域である3,000~6,500rpmでの粘り強いトルクとのバランスを主眼に開発されたという。

20171004_XSR700_08

クロスプレーン・コンセプトについて説明しておこう。同型エンジンを搭載するMT-07についてのヤマハの解説には、以下のように記されている。

慣性トルクが少なく、燃焼室のみで生み出される燃焼トルクだけを効率良く引き出す設計思想を、私たちヤマハでは「クロスプレーン・コンセプト」と呼び、MotoGPマシンの「YZR-M1」やスーパースポーツマシン「YZF-R1」に採用しているクロスプレーン型クランクシャフトエンジンも、その設計思想によって誕生したものです。

バイクのリニアリティの向上、エンジンのコントロール性の向上に大きく影響を及ぼしています。

MT-07では270度クランクを採用することで、ピストンの上下動を回転に変換する際に生じる慣性トルクを最小限にしているのがポイントだ。

つまり、低振動でありながらVツインのような不等間隔爆発による鼓動感と、優れたトラクションを生み出しているわけだ。味わいと扱いやすさを両立したエンジンとも言えるだろう。

ディテールの質感にもこだわったネオレトロテイスト

スタイリングは水平基調をモチーフとしたボディラインを採用し、ヘッドランプからタンク、シートまで連続する滑らかなラインを強調するなど、MT-07のマッシブなファイタースタイルとは打って変わったオーセンティックなテイストに仕上がっている。

▲MT-07

▲XSR700

また、滑らかな面構成のタンクサイドカバーをはじめ、ヘッドランプステー、ラジエターサイドカバー、フロントフェンダーステー、ハンドルなどに多彩なアルミパーツを織り込むことで質感と素材感を強調。

さらにヘッドランプ、メーター、テールランプ、マフラーエンドは”サークル”をモチーフとし、機能をデザイン要素として表現するなど、ディテールにも一貫したヘリテージ感とネオレトロテイストが貫かれている。

カスタマイズ前提に作られた車体構成

さらにサイドカバーやセンターカバー、メーター、前後フェンダーなどの各部はシンプルかつ独立した構成として、ドレスアップ時の容易性を配慮。リヤフレームをボルトオン式とするなど、最初からカスタマイズにも対応しやすい車体構成になっていることも見逃せないポイントだ。

例えばロケットカウルにセパハンを付けたカフェレーサースタイルや、マフラーを縦2本出しにサイドアップさせてロードクリアランスを稼いだスクランブラ―スタイル、はたまたリヤフレームごと交換することでテールまわりを切り詰めたボバースタイルなども登場するかもしれない。

というように、いろいろ頭の中で夢想するだけでもワクワクするカスタムの世界が広がってくる。メーカーズカスタムであるXSR700をベースに、その魅力をさらに引き出す個性的なカスタムにも期待大だ。

XSR700 ABSは10月25日(一般公開10月27日~)から開催される東京モーターショーでお披露目される予定なので、実車をチェックする良い機会だろう。そして、自分だけのカスタムプランを思い描いてみてはいかがだろうか。

【関連ニュース】
【新車】ヤマハ、”Neo Retro”ロードスポーツ「XSR700 ABS」を11/6に新発売
【XSR700:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る
ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【PR】 画質が鮮明、自動録画や衝撃センサーも重宝する 【ビッグマシン・ゼロ:文…
  2. Hondaは、ロングセラーのロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR」と、防風…
  3. 【PR】 バンキングがクイック!全てがダイレクトに変化 【ビッグマシン・ゼロ:文…
  4. 【PR】 性能復活だけじゃない遙かな高みの入口へ 【ビッグマシン・ゼロ:文-沼尾…
ページ上部へ戻る