カワサキ、レイがスーパーバイク世界選手権で史上初の三連覇を達成

川崎重工のファクトリーレースチームである「カワサキレーシングチーム」からスーパーバイク世界選手権にNinja ZX-10RRで参戦しているジョナサン・レイ選手が、9月30日のマニクールサーキット(フランス)における第1レースで次点に16秒313の大差をつけて勝利し、今シーズンの優勝を獲得し、スーパーバイク世界選手権史上初の三連覇を達成した。

レイ選手は2015シーズンにカワサキレーシングチームに移籍、その年さっそく優勝を飾った。続く2016シーズンもタイトル防衛に成功、しかもチームメイトのトム・サイクス選手と並んでシリーズランキング1位・2位という快挙を成し遂げた。

→続きを読む

情報提供元 [ 川崎重工業 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. トリックスターは、新型ニンジャ250/400用のバックステップを発売した。 トリックス…
  2. 海に浮かぶ豪華客船がさらにラグジュアリー感あふれる空間に NEXCO東日本 東京湾アク…
  3. エンジンを懐に抱えて走るのがバイクの魅力。じゃあ、他の業界のエンジンはどうなってるの? とい…
  4. 二輪パーツの製品開発を行うビトーR&Dは、カワサキ Z900RS用の「JB-POWER 中空…
ページ上部へ戻る