カワサキ、レイがスーパーバイク世界選手権で史上初の三連覇を達成

川崎重工のファクトリーレースチームである「カワサキレーシングチーム」からスーパーバイク世界選手権にNinja ZX-10RRで参戦しているジョナサン・レイ選手が、9月30日のマニクールサーキット(フランス)における第1レースで次点に16秒313の大差をつけて勝利し、今シーズンの優勝を獲得し、スーパーバイク世界選手権史上初の三連覇を達成した。

レイ選手は2015シーズンにカワサキレーシングチームに移籍、その年さっそく優勝を飾った。続く2016シーズンもタイトル防衛に成功、しかもチームメイトのトム・サイクス選手と並んでシリーズランキング1位・2位という快挙を成し遂げた。

→続きを読む

情報提供元 [ 川崎重工業 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. テイスティなデザインと最新性能を融合させたネオクラシックが、2018年はますます隆盛を誇りそ…
  2. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  3. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  4. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
ページ上部へ戻る