コンディションを最適に管理する「テンプメーター」、ヤマモトレーシングの新型CBR250RR用「エキゾーストパイプ」のインプレ2選

Webikeコミュニティ「今週のGOOD!インプレッション」から、ピックアップしてご紹介!

今週は、愛車のコンディションを最適に管理する「ハイグレードテンプメーター」、ヤマモトレーシングの新型CBR250RR用「エキゾーストパイプ」のインプレ2選をお届けします!

受賞者:[龍神さん]
インプレッション対象商品:[DAYTONA:デイトナ:AQUAPROVA 【アクアプローバ】 HG テンプメーター]

《とても見やすい》

今まで使っていた油温計の窓が曇り、ベトつきも出てきたため壊れてしまった訳ではないが交換。
8年間使うと、仕方が無いですね・・・。

●取り付け
大きさも厚みも以前のものとはさほど変わらなかったので、取り付けステーはそのまま使えました。
電気配線も至って簡単です。説明書通りに行えば何ら問題なく接続できます。
ですが、結線コネクターを使わないで配線したい場合は、一工夫が必要です。
コネクターも入るところにしか入らず、差し間違えをしないように配慮されています。
防水コネクター仕様もうれしいですね。
配線を綺麗に引き回すには、ちょっと苦労します。
車種にも寄りますが、燃料タンクを外す作業があると苦労します。
私は燃料タンクを外す必要があったので、ちょっと苦労しました・・・。

温度センサーはオイルパンあるいはオイルタンクのドレンに取り付けるのが普通です。
しかし、オイル交換の時に一々配線を外すのが面倒なのと、何回か繰り返しているとケーブルが断線してしまう恐れがあります。以前に切れた事があります。
また、走行していると温度センサーに風があたって冷やされて、表示が嘘をつきます。
それらを回避するため、温度センサーに専用の取り付け金具を作って、オイルサプライパイプに取り付けています。
また、風よけのためにセンサーに断熱材を取り付けて、風による冷却の影響を少なくしています。
これにより、オイル交換時の煩わしさと、走行中の表示不安定が解消されました。

⇒インプレをもっと詳しく

受賞の理由

追加メーターで愛車のコンディションを管理!
龍神さんには、リーズナブルな価格と確かな品質で人気を集める、デイトナのアクアプローバHGテンプメーターをインプレッションしていただきました。
インプレッションでは、走行中の風を防ぎ正確な温度を表示させる取り付け方や、気になる使用感について詳細に書かれています!
皆さんも追加メーターで愛車のコンディションを最適に管理してみませんか?
 

受賞者:[JC61Aさん]
インプレッション対象商品:[ヤマモトレーシング YAMAMOTO RACING:SUS2-1 EX ASSY ステンレスエキゾーストパイプ]

《好みの組み合わせでフルエキ化OK》

このインプレを書いている時点で国内パーツメーカーでCBR250RR(2017~)用のフルエキを製品化しているメーカーは少ないですが、ヤマモトレーシングさんは単品売りという形で製品化していました。

今回、先につけていたアールズギアのスリップオンが音や性能的に気に入っていたのと、両者の性能グラフをつき合わせて、いいとこ取りを狙って組み合わせをしてみたので、そのインプレなどを。
ただし、製品としてはイレギュラーな使用法になるのでご留意ください。

まずは取り付けです。
3分割されているので、接合部分が3箇所です。
そのため取り付ける車体の個体差に応じて、位置決めの微調整がしやすいです。
溶接も丁寧で、精度もおおむねよいのですが、スプリングマウントされる中間部分の接合が少しばかり余裕のある感じなので、取説には指定はありませんが、液体ガスケットを使用して組み付けたほうがいいと思います。

⇒インプレをもっと詳しく

受賞の理由

幅広いライダーに大人気な新型CBR250RR!パーツも続々登場しています!今回JC61Aさんにはヤマモトレーシングの新商品のエキゾーストパイプをインプレッションしていただきました。この商品は、スリップオンマフラーと組み合わせることでフルエキゾーストにアップグレードできるアイテムです!JC61Aさんのインプレッションでは、排気漏れを防ぐためのコツや、必要工具、純正部品について詳細に書かれています。
スリップオンマフラーをお使いの皆さん!この機会にフルエキゾーストにアップグレードしてみませんか?
 

【選ばれれば最大3,000ポイント!Webike GOODインプレッション】
「今週のGOOD!インプレッション」ページへ

ライダーの生の口コミが集まる
Webikeコミュニティ インプレッション

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る