ナビタイム、バイク専用ナビアプリ「ツーリングサポーター」が排気量を考慮したルート検索が可能に

ナビタイムジャパンは、バイク専用ナビゲーションアプリ『ツーリングサポーター』において、バイクの排気量を考慮したルート検索ができる機能の提供を9月28日より開始した。

車両区分における通行規制を考慮したルートの検索ができる!

『ツーリングサポーター』では、これまで小型二輪(250cc超)以上のバイクに対応したルート案内をしていたが、この度の機能追加により第二種原動機付自転車(50cc超~125cc)や軽二輪(125cc超~250cc)など、排気量を考慮したルート案内が可能になった。

国内にはバイクの排気量における通行規制があるが、これらの規制標識を見落としたり、自動車の流れに乗ってしまったりするなど、ライダーが誤って通行禁止区間に進入してしまうことが問題になっている。

本機能の追加により、ルート検索条件設定画面でバイクの排気量を選択すると、バイクの区分に合わせた最適なルートが表示される。
高速道路、自動車専用道路、バイパス道路など排気量によっては走行できない道路を回避したルート案内が可能なため、初めてのルートでも安心して運転することができる。

【サービスイメージ】

『ツーリングサポーター』アプリダウンロード
iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/id958072896?mt=8
Android OS:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.local.bike

→全文を読む

情報提供元 [ ナビタイムジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2019年カレンダーをプレゼント トライアンフは、新型STREET TWIN&STRE…
  2. ボクサーエンジンラバーマグネットをプレゼント BMW Motorradは、「R1250…
  3. LS2は、2019年のニューモデルとして『SPITFIRE(スピットファイア)』と『BREA…
  4. 人気の小・中排気量に注目が集まりました ホンダ、ヤマハと続き、今回はスズキの注目されたモト…
ページ上部へ戻る