FIMトライアル・デ・ナシオン 日本代表が3位で3年連続の表彰台を獲得

9月24日にスペイン・バイヨーナで開催された、トライアル国別対抗世界選手権「トライアル・デ・ナシオン」で日本チームが3位表彰台を獲得した。

日本代表チームが世界3位に輝く!

トライアル・デ・ナシオンとは、国際モーターサイクリズム連盟(FIM)が年に一度世界各国で開催し、サッカーで言えばワールドカップ、テニスで言えばデビスカップのように、ナショナルチームで争う国別対抗世界選手権。

2017年日本代表チームに選ばれたのは、2016年に世界2位を獲得したメンバーと同じく、トライアル世界選手権に参戦中で04年世界チャンピオンの藤波貴久選手、全日本トライアル選手権で4連覇中の小川友幸選手、全日本トライアル選手権で11度のチャンピオンに輝いている黒山健一選手の3人。

日本代表として参戦した3人は素晴らしいチームワークを発揮し、スペイン、イギリスに続く3位となり、3年連続表彰台を獲得した。

リザルト

順位 名前 ラップ1 ラップ2 総減点 クリーン数
1 スペイン トニー・ボウ
アダム・ラガ
ハイメ・ブスト
5 1 6 78
2 イギリス ジェイムス・ダビル
ジャック・プライス
イワン・ロバーツ
15 27 42 57
3 日本 藤波貴久
黒山健一
小川友幸
20 25 45 53

情報提供元 [ MFJ Online Magazine ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. KAWASAKI GPZ900R 1998 年式 (900 cc) オーナー:メンフィ…
  2. トライアンフモーターサイクルズジャパンは、2年連続で過去最高の年間登録台数を達成し、2017…
  3. ユーザー:ninariさん 車種名:KAWASAKI エストレヤ 今回は、…
  4. Webikeコミュニティ「今週のGOOD!インプレッション」から、ピックアップしてご紹介! 今…
ページ上部へ戻る