[MotoGP]Rd.14 マルケス連勝で今季5勝目。ペドロサが2位になり、Repsol Honda Teamが1-2フィニッシュ

■大会名称:第14戦アラゴンGP
■開催日:2017年9月24日(日)決勝結果
■開催地:アラゴン/スペイン(5.077km)
■観客数:70,541人
■周回数:23週(116.771 km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:27度 ■路面温度:40度
■PP:M・ビニャーレス(1分47秒635/ヤマハ)
■FL:D・ペドロサ(1分49秒140/ホンダ)

連勝を達成して今季5勝目のマルケス

第14戦アラゴンGP決勝は、予選5番手からトップグループに加わったマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、序盤4番手から着実にポジションを上げ、レース後半の16周目にトップに立つと、23周のレースで真っ先にチェッカーを受けた。

今大会は、フリー走行と予選で2度の転倒を喫し、決勝に向けて不安を抱えていた。しかし、決勝日朝のウォームアップでセットアップを進めることに成功すると、決勝でも快調にラップを刻んだ。

序盤はホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)らとトップグループを形成。6周目にドヴィツィオーゾ、12周目にロッシをパスして2番手に浮上すると16周目にロレンソを抜いて首位に浮上。それからは後続との差を確認しながら、危なげない走りで23周を走り切った。

前戦サンマリノGPから連勝を達成して今季5勝目。今大会7位に終わった総合2位のドヴィツィオーゾに16点差、総合3位で今大会4位のマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)に28点差をつけて次戦日本GPを迎える。マルケスは2年連続4回目のタイトル獲得に向けて一歩前進した。

ペドロサ、マルケスの背後に迫る好走

チームメートのダニ・ペドロサは、予選6番手から追い上げて2位でフィニッシュ。
序盤、ビニャーレス、カル・クラッチロー(LCR Honda)らとセカンドグループを形成。トップグループに比べてわずかにペースが上がらず苦しい展開となったが、レース中盤の13周目にビニャーレスをかわすと、それから一気にペースを上げて、15周目にドヴィツィオーゾ、16周目にロッシ、21周目にロレンソをかわして2番手に浮上。
マルケスの背後に迫る好走で地元ファンを沸かせた。

2位のペドロサから2秒差で、ロレンソが3位でフィニッシュ。ビニャーレスはレース終盤で徐々にペースを上げて4位を獲得。

怪我からわずか24日のロッシは5位

エンデューロ走行中の怪我後、初めてのレースに臨んだロッシを大勢のファンが見守るなかで、スタートはやや出遅れて3番手で第1コーナーへ。

そして前方で奮闘するビニャーレスに一気に近づいて、これをパス。2ラップ目には真っ先に1分49秒334のベストタイムを記録し、勢いに乗ってトップとの差を縮めていった。

ロッシは脚の痛みをものともせずに最大限のプッシュ。トップ4台がますます接近するなか2番手を走行するロッシは、後続のマルケスとドビツィオーゾを抑えながらトップのJ・ロレンソ(ドゥカティ)にプレッシャーをかけていった。

残り11ラップあたりから疲れが見えたロッシは、わずかにペースを下げてマルケスとD・ペドロサ(ホンダ)に先行を許す。しかしそのあとは持ち前のファイティング・スピリットをふり絞ってチームメイトと激しい4位争いを展開し、トップから5.882秒差の5位でゴールした。

RESULT

1 93 マルク・マルケス Honda 42’06.816
2 26 ダニ・ペドロサ Honda +0.879
3 99 J.ロレンソ ドゥカティ +2.028
4 25 M.ビニャーレス ヤマハ +5.256
5 46 V.ロッシ ヤマハ +5.882
6 41 A.エスパルガロ アプリリア +6.962
7 4 A.ドヴィツィオーゾ ドゥカティ +7.455
8 19 A.バウティスタ ドゥカティ +7.910
9 5 J.ザルコ ヤマハ +13.002
10 44 P.エスパルガロ KTM +14.075
11 36 M.カリオ KTM +17.192
12 29 A.イアンノーネ スズキ +20.632
13 43 ジャック・ミラー Honda +23.886
14 45 S.レディング ドゥカティ +25.523
15 53 ティト・ラバト Honda +26.082
16 94 J.フォルガー ヤマハ +30.302
17 42 A.リンス スズキ +31.874
18 8 H.バルベラ ドゥカティ +31.948
19 38 B.スミス KTM +36.296
20 9 D.ペトルッチ ドゥカティ +37.842
21 76 L.バズ ドゥカティ +47.599
22 22 S.ロース アプリリア +47.647
RT 35 カル・クラッチロー Honda +7Laps
RT 17 K.アブラハム ドゥカティ +13Laps

ライダースランキング

1 93 マルク・マルケス Honda 224
2 4 A.ドヴィツィオーゾ ドゥカティ 208
3 25 M.ビニャーレス ヤマハ 196
4 26 ダニ・ペドロサ Honda 170
5 46 V.ロッシ ヤマハ 168
6 5 J.ザルコ ヤマハ 117
7 99 J.ロレンソ ドゥカティ 106
8 9 D.ペトルッチ ドゥカティ 95
9 35 カル・クラッチロー Honda 92
10 94 J.フォルガー ヤマハ 84
11 19 A.バウティスタ ドゥカティ 70
12 43 ジャック・ミラー Honda 56
13 45 S.レディング ドゥカティ 56
14 41 A.エスパルガロ アプリリア 53
15 76 L.バズ ドゥカティ 39
16 29 A.イアンノーネ スズキ 37
17 44 P.エスパルガロ KTM 37
18 17 K.アブラハム ドゥカティ 28
19 53 ティト・ラバト Honda 28
20 42 A.リンス スズキ 27
21 8 H.バルベラ ドゥカティ 23
22 51 M.ピロ ドゥカティ 18
23 38 B.スミス KTM 14
24 36 M.カリオ KTM 11
25 22 S.ロース アプリリア 2
26 50 S.ギュントーリ スズキ 1
27 12 津田拓也 スズキ 0

Gallery

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲N-VAN +STYLE FUN(エクステリア:ガーデングリーン・メタリック) Hondaの…
  2. コンセプトKXの発表でも大きな話題となったロイヤルエンフィールドから、270度クランク採用の…
  3. SCプロジェクトから、ヤマハ「YZF-R6 (‘17~19)」用スリップオンマフラーが登場し…
  4. ※記事内の画像はすべて、国内販売モデルと仕様が異なる場合があります。 カワサキEUは、「W…
ページ上部へ戻る