第45回東京モーターショー2017がテーマ展示「TOKYO CONNECTED LAB 2017」の最新概要を発表

日本自動車工業会は、10月27日(金)~11月5日(日)に東京ビッグサイトにて開催する「第45回東京モーターショー2017」において、主催者のテーマ展示「TOKYO CONNECTED LAB 2017」の最新概要を発表した。

未来のモビリティ社会をテーマに、世界最先端のナレッジが集結し、将来のモビリティが体験できる。

また、共通のビジョンに向けた決意表明を発表。自動車産業の枠を超えて、さまざまなアイデアやテクノロジーを取り入れ、「これまでのモビリティの価値を拡張していく」というビジョンを掲げ、大きく生まれ変わるための取り組みを開始。

「世界を、ここから動かそう。BEYOND THE MOTOR」をテーマに、全ての国内メーカー14社のホームページを24時間、東京モーターショーがジャックする「TMSジャックデー」を9月21日11時から実施した。

【関連ニュース】
◆第45回東京モーターショー2017が10/27より開催!2万枚限定のプレビューデー入場券・前売券を発売

未来のモビリティ社会をテーマに、世界最先端のナレッジが集結!「TOKYO CONNECTED LAB 2017」

くらしや社会とクルマがつながる、未来のモビリティ。それがどんな新しい価値をもたらしてくれるのか。
私たちと社会のつながりをどのように変えていくのか。わかりやすく体験しながら、来場者のみなさんと考えていく参加型のプログラムです。

出展エリアには、自動車メーカーはもとより、情報通信、環境・エネルギー、都市、先進素材などの民間企業・関連団体・行政機関等、17社・団体が出展。各分野における最先端のプレゼンテーションが見られます。

「THE FUTURE ~東京とモビリティの未来を描こう~」

未来のモビリティ社会の主役は、実際にモビリティを使う人たち。「The FUTURE」では、将来のモビリティ社会を構成する要素を6つの方向性(Social good, Universal, Move, Drive, Private, Share)に分類。

参加者への質問を通してどんな未来が望まれているのかを、300人が一度に入場できる巨大なドーム内いっぱいに映し出すインタラクティブ展示です。
未来のクルマは、将来の私たちのくらしや社会でどんな役割を果たすのか?そして集まったデータは、未来の東京の街やモビリティのどのような未来を示すのか?来場者のみなさんとともにシミュレーションとグラフィックの2つのモードでダイナミックに体感頂きます。

「THE MAZE ~都市迷宮を突破せよ~」

モビリティとドライバー、そして都市がつながると、どんな価値がもたらされるのか?参加者がコネクテッドカーに乗り込み、未来の東京を迷路に見立てゲーム感覚で解き明かしていくネットワーク型VR体験コンテンツ。

30台接続したVRシステム「PlayStation©VR」(※1)により、参加者が同じフィールドを同時に走行。迷路を突破するために集めた情報を、他の参加者と共有しながら、ゴールを目指します。街の中で起こる様々なコネクティッド体験を通じて、将来のクルマの可能性を試乗体感頂けます。

「THE MEET UP ~モビリティの未来を語ろう~」

異分野の新たな視点と出会い、「BEYOND THE MOTOR」をカタチにするために『NewsPicks』がプロデュースするトークセッション&ピッチイベント。
トークセッション(※2) では、各界のビジネスリーダーやクリエイターがモビリティのこれからについて語り合います。ピッチイベントでは「BEYOND」をカタチにするための提案を広く一般から募集。
「決勝プレゼンテーション」で各自動車メーカーの審査員が高く評価したアイデアには実現の道も。

試乗体験プログラムの拡充

これまで東京モーターショー会場内で実施していた参加・体験型の試乗会を、今回は近隣の臨海副都心エリア(センタープロムナード・お台場特設会場・MEGA WEBライドワンコース)において大幅に拡充して実施します。
東京モーターショー開催期間中に、様々なモビリティや乗用車・商用車・二輪車の試乗体験など、これまで以上に多くの試乗プログラムをご用意します。なお、一般公開期間は、東京ビッグサイト会場と各試乗会場間(約1.5km)を巡るシャトルバス及び次世代タクシーを無料にて運行いたします。

>>TOKYO CONNECTED LAB 2017

※1 PlayStation”は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。
Photo ©2016 Sony Interactive Entertainment Inc.All rights reserved.
※2 トークセッションは参加券付入場券の購入が必要です。etixで9/21(木)より販売いたします。

→全文を読む

情報提供元 [ 日本自動車工業会 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
  2. BMWは、同社の扱うBMW Motorradの誕生95周年を記念して、2018年4月に開業…
  3. 【カワサキ KLX150】ディテール&試乗インプレッション タイカワサキ製のKLX150は…
  4. さらに魅力的で個性的な雰囲気に ドゥカティは、スーパースポーツのカラーラインナップに、…
ページ上部へ戻る