名車“音感図鑑”1【動画】CB750FOURの全開走行音

名車はどんな音を奏でるのか? ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜粋してお届けします。

第1回は“世界初の量産4気筒車”HONDA CB750FOUR(1969年)です。

ついに実現した“世界一の日本車”

’50年代から’60年代はじめにかけては、イギリス製のトライアンフ、ノートン、BSAなどのバーチカルツイン(500~650㏄の、シリンダーがほぼ直立した並列2気筒)が、世界最大の2輪市場であるアメリカを席巻していた。
一方、その頃の日本製バイクはヨーロッパ製の小・中型バイクを参考にしたモデルが中心で、海外から見るとあまり独自性のないお手軽なバイクというイメージだった。

しかし、’58年にホンダが発売したスーパーカブC100(世界に類を見ない50㏄4ストロークエンジンを搭載)は、その独自性のあるスタイリングと先進的なメカニズムから高く評価され、特にアメリカではバイク=アウトローの乗り物という概念を崩すことに成功。

その後、’60年にドリームCB72スーパースポーツ(247㏄SOHC並列2気筒)、’62年に排気量を305㏄に拡大したCB77を投入した。
さらに’65年には、当時としてはハイメカニズムのDOHC並列2気筒を採用したドリームCB450(444㏄)を発売する。だが、最高速や加速ではOHVの英国車を上回っていたものの、ハイウェイでの快適性やステイタス性に劣っていた。

そうした中、’68の東京モーターショーでホンダがドリームCB750フォアを発表。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 無駄を削ぎ落としたスタイリング&専用設定されたサイレンサー構造 ヨシムラからGSX-R12…
  2. ヤマハ発動機と、東南アジア配車サービス最大手のGrabは、インドネシアを中心とした東南アジア…
  3. ※画像は国交省報道発表資料のスクリーンショット この冬はカード集めに熱くなろう! 国土交通省…
  4. アネスト岩田ターンパイク箱根と伊豆スカイラインは、2019年2月10日(土)から3月10日(…
ページ上部へ戻る