スズキ、第45回東京モーターショー2017の出品概要を発表

スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」の出品概要を発表した。

スズキは創業以来、小さなクルマや二輪車、電動車いす、船外機で、お客様の役に立つ楽しくユニークな商品づくりに一貫して取り組んできた。
今回の東京モーターショーでは、『“ワクワク”を、誰でも、どこへでも』を出展テーマに定め、2020年に創立100周年を迎えるスズキが、さらに次の100年に向けた製品開発や技術開発に対する取り組みを披露する。

二輪車は「SV650X」「SWISH(スウィッシュ)」「GSX-R125」「GSX-RR」などの参考出品車両に加えて、「隼(ハヤブサ)」「GSX-R1000R ABS」「バーグマン400 ABS」「GSX250R」「V-Strom250」の合計9台の展示が予定されている。

主な二輪展示車<参考出品車>

■伝統的な外観を取り入れた“ネオレトロカテゴリー”の「SV650X」
・現代の最新技術を用いたエンジンや車体に、伝統的な外観を取り入れた“ネオレトロ”と呼ばれるカテゴリーのコンセプトモデルを提案する。
・2016年モーターサイクルショーで注目を集めた「SV650ラリーコンセプト」の進化形である。

■上質なスタンダードスクーター「SWISH(スウィッシュ)」
・スクーターを乗り継いだ大人も納得する上質感を持ったスタンダードスクーターを提案する。
・市街地での取り回しの良さと軽快な運動性を求めるユーザーや、通勤にスクーターを使用するユーザーを想定した。

■軽量で高性能なスーパースポーツ「GSX-R125」
・GSX-R1000を踏襲したフルカウルのスタイリングにDOHC4バルブのエンジンを搭載。
・GSX-Rシリーズの流れを汲むフルサイズのスーパースポーツモデル。

■MotoGP参戦車両「GSX-RR」
・現在MotoGPクラスに参戦中の「GSX-RR」は、二輪車レースの最高峰「FIMロードレース世界選手権(MotoGP)」での高いパフォーマンスと、「GSX-R1000」をはじめとした市販車両への技術フィードバックを目的に開発されたマシンである。

→全文を読む

情報提供元 [ スズキ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲N-VAN +STYLE FUN(エクステリア:ガーデングリーン・メタリック) Hondaの…
  2. コンセプトKXの発表でも大きな話題となったロイヤルエンフィールドから、270度クランク採用の…
  3. SCプロジェクトから、ヤマハ「YZF-R6 (‘17~19)」用スリップオンマフラーが登場し…
  4. ※記事内の画像はすべて、国内販売モデルと仕様が異なる場合があります。 カワサキEUは、「W…
ページ上部へ戻る