【新車】スズキ、新型125ccスクーター「アドレス125」を9/29より発売

スズキは、快適で使い勝手の良い新型125ccスクーター「アドレス125」を9月29日より発売する。

「アドレス125」は、1991年の発売以来、軽量・コンパクトでパワフルな原付二種スクーターのロングセラーモデル「アドレス」シリーズの新型モデルである。

新開発の124cm3エンジンは、燃焼効率の向上やフリクションの低減などにより、スムーズな加速性能と優れた燃費性能を両立。スロットルを開けたときのレスポンスの良さに優れ、加速性能は現行アドレスよりも優れているとのこと。車体は、伸びやかさに新規性を取り入れたデザインとしながら、広々としたフラットな足元スペースを確保することで快適なライディングポジションを実現した。

また、シート下トランクスペース、フロントインナーラック、シート開錠機能付ステアリングロックなど、使い勝手の良い装備を採用した。
オプションで装備するユーザーが多い、リヤボックスの装備に便利な大型リヤキャリアも標準装備している。

車体色は、白「パールグレイスフルホワイト」、赤「キャンディパトリシアンレッド」、黒「パールノベルティブラック」の3色を設定。メーカー希望小売価格は221,400円(税込)と、装備の充実を考えると非常に魅力的な価格設定となっている。

アドレス125

メーカー希望小売価格:221,400円(税込)

【パールグレイスフルホワイト】

【キャンディパトリシアンレッド】

【パールノベルティブラック】

主な特徴

エンジン・車体
■新開発の124cm3空冷2バルブ単気筒SOHCエンジン。燃焼室形状の最適化と曲線形状の吸気ポートの組み合わせにより燃焼効率の向上を図った。フリクション低減などにより、スムーズな加速性能(最高出力6.9kW/7,000rpm、最大トルク10N・m/6,000rpm)と52.0km/L※1の優れた燃費性能を実現。

■広々としたフラットな足元スペースを確保することで、快適なライディングポジションを実現。

■左右の足元付近を絞り込んだカットフロアボードによる良好な足つき性。

■12インチの大径フロントホイールによる高い安定性。

※1 国土交通省届出値:定地燃費値(60km/h)2名乗車時。定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。

装備
■ヘルメット等の収納に便利なシート下トランクスペース。※2

■フロントインナーラックは、600mlのペットボトルを左右1本ずつ収納可能。※3

■大型のストッパー付かばんホルダーをハンドル下に装備。※4

■シート開錠機能付ステアリングロックには、鍵穴をカバーすることができるシャッターキーを採用。

■センタースタンドに加え、駐輪時に便利なサイドスタンドも標準装備。

※2 形状、大きさによりシート下トランクスペースに収納できないヘルメットもあります。最大積載許容重量10kg。
※3 形状によりフロントインナーラックに収納できないペットボトルもあります。最大積載許容重量1.5kg。
※4 最大積載許容重量1.5kg(左右合計)。

デザイン

■快適性とデザイン性を両立した、伸びやかさに新規性を取り入れたデザイン。
1)ハンドルを切った方向を常に照らすことができる、ハンドルマウントのヘッドランプ
2)切れ長で個性的な、フロントレッグシールド内蔵のフロントウィンカー
3)スピード感を表現する、スポーティーなサイドラインと躍動的なシルエットのリヤビュー

■車体色は、白「パールグレイスフルホワイト」、赤「キャンディパトリシアンレッド」、黒「パールノベルティブラック」の3色を設定。

【アドレス125:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

→全文を読む

情報提供元 [ スズキ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※画像は国交省報道発表資料のスクリーンショット この冬はカード集めに熱くなろう! 国土交通省…
  2. アネスト岩田ターンパイク箱根と伊豆スカイラインは、2019年2月10日(土)から3月10日(…
  3. 総合1位は「東京ディズニーランド」 ナビタイムジャパンは、『2018ナビタイム スポット検…
  4. ※画像は公式サイトのスクリーンショット ホンダは、世界に一台のN-VANを作ろうという企画「#…
ページ上部へ戻る