[TSR]ボルドール24時間耐久レース 終盤にトップを固めた直後に転倒。最終的には6位チェッカー

■2017/2018FIM世界耐久選手権シリーズ第1戦
■第81回ボルドール24時間耐久レース
■決勝レース/9月16日(土)~17日(日)

決勝レースは、今季から新しく加入し、過去にEWCのタイトルを持ち、ボルドールやルマンでも活躍しているフレディ・フォレイがスタートライダーを務めた。

フレディは序盤から積極的な走りで17周目にはトップに浮上、その後もセーフティカーが何度も介入する中で、次第にトップ争いは、#5F.C.C. TSR Honda Franceと他の2チーム、いずれも耐久レースの有力チームに絞られていった。

同一周回はこの3台のみとなり、3チームは自らのピット作業を繰り返すたびに、順位を入れ替えながら1周、また1周と周回を重ねていった。

さらに1台がトラブルで遅れてからは、#5F.C.C. TSR Honda Franceと昨年のチャンピオンチームGMT94 YAMAHAの2台による争いに変わった。

もちろん、長丁場の24時間耐久レースのため、多少順位が後退しても挽回するチャンスは数多くある。順位を落としてトップ争いから脱落したチームも、じわじわと順位を上げることは、しばしばある。

【関連ニュース】
Honda France、F.C.C. TSRとタッグを組みEWC復活へ
[EWC]Rd.1 ボルドールでHonda Endurance Racingが3位表彰台を獲得

→全文を読む

情報提供元 [ TSR ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 総合1位は「東京ディズニーランド」 ナビタイムジャパンは、『2018ナビタイム スポット検…
  2. ※画像は公式サイトのスクリーンショット ホンダは、世界に一台のN-VANを作ろうという企画「#…
  3. ’18年にフルモデルチェンジした250SSブームの火付け役であるカワサキNinja(ニンジャ…
  4. ハーレーダビッドソン ジャパンの正規ディーラー・広沢商事は、ハーレーダビッドソンのグローバル…
ページ上部へ戻る