[WCT]Rd.8 前戦でタイトルを決めたボウが、勝利でシーズンを締めくくる

2017シーズン最終戦は、ボウの97回目の世界戦勝利で幕を閉じる

前回大会で既にシーズンチャンピオンを決めているトニー・ボウは、最終戦となる第8戦イタリア大会で優勝し、今シーズンを締めくくった。
今大会の勝利は、ボウの97回目の世界戦勝利となった。

ランキング4位の座を争う藤波は、今回は精彩を欠く走りに終始してしまった。それでも”フジガスファン”の多いイタリア人を前に、要所で彼らしいの走りを披露。

残念ながら今大会の結果は10位、シーズンランキングは5位となったものの、1996年に世界選手権への挑戦を始めた藤波は、97年にランキング4位となって以来、21年にわたってランキング5位以内をキープするという偉業を達成した。

次週は国別対抗戦「トライアル・デ・ナシオン」が開催される。Repsol Honda Teamからは、ボウと期待の新人ブストがスペインチーム、藤波が日本チームで出場する予定だ。

リザルト(上位6名)

1 1 トニー・ボウ Honda 12 6 18
2 67 A.ラガ TRS 24 3 27
3 69 ハイメ・ブスト Honda 25 5 30
4 22 J.ダビル ガスガス 27 12 39
5 47 J.ファハルド ヴェルティゴ 35 12 48
6 11 F.カドレック ガスガス 34 16 51

ポイントランキング(上位6名)

1 トニー・ボウ Honda 192
2 A.ラガ TRS 164
3 ハイメ・ブスト Honda 131
4 J.ファハルド ヴェルティゴ 121
5 藤波貴久 Honda 112
6 J.ダビル ガスガス 102

Gallery

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討 一般社団法人 日本自動車工業会…
  2. YZ450FでIA1に出場 2018年10月28日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOに…
  3. 初代C100 に込められた想いや広く愛される基本性能を継承しつつより豊かで新しい乗り物を生み…
  4. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
ページ上部へ戻る