[WSBK]Rd.10 レイが今季4回目のダブルウィン!タイトルに王手

■大会名称:スーパーバイク世界選手権第10戦ポルトガル大会
■開催地:ポルトガル/ポルティマオ(1周 4.592km)
■周回数:レース1 20周(91,840km)、レース2 20周(91,840km)

レース1
■開催日:2017年9月16日(土)
■コースコンディション:ドライ
■気温:22度
■路面温度:39度
■PP:J・トーレス(BMW/1分43秒191)
■FL:J・レイ(Kawasaki/1分42秒937)

レース2
■開催日:2017年9月17日(日)
■コースコンディション:ドライ
■気温:24度
■路面温度:40度
■PP:J・トーレス(BMW/1分43秒191)
■FL:J・レイ(Kawasaki/1分43秒148)

WSBKで初の3年連続チャンピオンへ前進

第10戦ポルトガル大会が、9月15日から17日までの3日間、ポルトガルのポルティマオにあるアルガルベ・インターナショナル・サーキットで開催された。

ライダースランキング首位のレイ(Kawasaki)は、今季4回目のポールポジションから決勝レースに挑み、土曜日のレース1、日曜日のレース2でライバルを圧倒する走りを披露。今季4回目のダブルウィンを達成した。

今大会を終了した時点で、チームメートで総合2位のサイクスに120点、総合3位のデイビス(Ducati)に135点のリードを築き、残り3戦を残しながらもタイトルに王手。スーパーバイク世界選手権では初の3年連続チャンピオンという偉業達成へ大きく前進した。

サイクスは怪我で無念の欠場

サイクスは、土曜日の午前中に行われたフリー走行で転倒。左手小指を骨折し、今大会の欠場を決めた。

急激な登りから一気に駆け下りるダウンヒルの難しいセクション。今大会もポールポジション獲得は勿論、レイとの優勝争いが注目されていたサイクスだけに、残念な結果となった。

高橋巧が両レースでポイントを獲得

Red Bull Honda World Superbike Teamからは、レギュラーライダーのステファン・ブラドルに加え、全日本ロードレース選手権で活躍する高橋巧が、代役として初めてスーパーバイク世界選手権に出場。

ブラドルは春のテストでこのサーキットを経験しているが、高橋巧はぶっつけ本番での大会出場となった。

レース1はフロントのフィーリングに問題を抱え、思うようにペースを上げられず15位となったが、徐々にコース攻略の手がかりをつかみ始めたレース2では、今大会の目標だった10位でフィニッシュを果たした。

RESULT Race.1

1 J・レイ Kawasaki GBR 34’38.383
2 C・デイビス Ducati GBR 00’06.189
3 M・メランドリ Ducati ITA 00’10.166
4 L・キャミア MV Agusta GBR 00’10.508
5 M・ファン・デル・マーク Yamaha NLD 00’13.739
6 J・トーレス BMW ESP 00’16.816
7 E・ラバティ Aprilia GBR 00’18.786
8 L・サバドリ Aprilia ITA 00’22.090
9 X・フォーレス Ducati ESP 00’28.430
10 R・ラモス Kawasaki ESP 00’38.746
11 R・デ・ロサ BMW ITA 00’43.181
12 A・バドビーニ Kawasaki ITA 00’43.212
13 A・ウエスト Kawasaki AUS 00’43.325
14 R・ルッソ Yamaha ITA 00’43.412
15 高橋 巧 Honda JPN 00’54.303
16 O・ジェゼック Kawasaki CZE 00’59.880
17 A・アンドレオッツィ Yamaha ITA 01’04.441
18 A・ローズ Yamaha GBR 01’43.000

RESULT Race.2

1 J・レイ Kawasaki GBR 34’40.917
2 M・ファン・デル・マーク Yamaha NLD 00’05.834
3 M・メランドリ Ducati ITA 00’09.201
4 E・ラバティ Aprilia GBR 00’12.792
5 J・トーレス BMW ESP 00’15.943
6 L・サバドリ Aprilia ITA 00’19.359
7 L・メルガド Aprilia ARG 00’23.286
8 A・ウエスト Kawasaki AUS 00’36.982
9 A・バドビーニ Kawasaki ITA 00’48.544
10 高橋 巧 Honda JPN 00’50.000
11 O・ジェゼック Kawasaki CZE 00’51.944
12 A・アンドレオッツィ Yamaha ITA 00’56.705
13 X・フォーレス Ducati ESP 01’07.518
14 R・ルッソ Yamaha ITA 01’45.000
15 R・ラモス Kawasaki ESP 07’30.000

RIDERS RANKING

1 J・レイ Kawasaki 431
2 T・サイクス Kawasaki 311
3 C・デイビス Ducati 296
4 M・メランドリ Ducati 250
5 A・ローズ Yamaha 169
6 M・ファン・デル・マーク Yamaha 166

Gallery

【関連ニュース】
高橋巧がスーパーバイク世界選手権にスポット参戦!

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【ホンダ モンキー125】ディテール&試乗インプレッション 誕生から50周年を迎えた2…
  2. 2018年7月30日、ハーレーダビッドソンが「More Roads to Harley-Da…
  3. 【インディアン SCOUT】ディテール&試乗インプレッション ひと目見た瞬間に「いや・・・…
  4. ヒマラヤンはインドの2輪メーカー・ロイヤルエンフィールドの手によるアドベンチャーモデル。発表…
ページ上部へ戻る