▲【予想CG】HONDA 次期CB1300 | 予想発表時期:調査中
規制対応で継続となるのを機にDRL(デイタイムランニングランプ)にも対応した変更を予想CG化。ウインカーも最新モデルと共通にしてみた。

8月31日で生産終了し、その後の復活が気になるモデルの筆頭といえばCB1300&400シリーズだろう。

ホンダから生産終了のアナウンスはないが、両シリーズとも平成19年排ガス規制対応のままなので現行型は生産が終了したはず。では次期型はどうなる?!

踏みとどまる伝統の日本ネイキッド

先に掲載した次期CB1000Rが2018年に国内に導入されることが予想される中、CB1300シリーズは今回の排ガス規制で生産終了となる動きがあった。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 無駄を削ぎ落としたスタイリング&専用設定されたサイレンサー構造 ヨシムラからGSX-R12…
  2. ヤマハ発動機と、東南アジア配車サービス最大手のGrabは、インドネシアを中心とした東南アジア…
  3. ※画像は国交省報道発表資料のスクリーンショット この冬はカード集めに熱くなろう! 国土交通省…
  4. アネスト岩田ターンパイク箱根と伊豆スカイラインは、2019年2月10日(土)から3月10日(…
ページ上部へ戻る