国産基準調和は次なるステージへ デイライトの解禁近づく?

※写真は国の法規制によって設定が変わるライト光の違いを表現したCGです。

外国車の写真と、国内に入荷された実物を見比べて、「顔の印象が違う!」と思ったことはないだろうか?

あるとすれば、それは昼間走行灯=DRLの有無かもしれない。国内で今だ解禁されていないDRL。現在、法改正に向けて動きが進められている。

日中でも視認性バツグン!日本仕様にも先進の光を!!

排ガスや騒音をはじめ、欧州と国内における様々な保安基準が続々共通化されている。そんな中、今だ日本で解禁されていないのが、昼間走行灯=DRL(デイタイムランニングランプ)だ。

日中の被視認性を高める専用ライトを指し、欧州では’11年2月から義務化。バイクもクルマも顔のデザインを大きく左右し、眉毛状やリングなどの印象的な輝きで個性を主張できる。
今までDRLを採用した外国車は、国内では減光調整し、ポジションランプとして扱われてきたが、昨年10月、法改正により国内で4輪のみ合法に。2輪は認可されていないのが現状だ。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る