NSR250R『そこそこ』マニアックス(1)<前編>

こんにちは。まつだと申します。本業はヤングマシンの編集部員なのですが、NSR250R好きが高じて、「プロスペック」という専門誌を副業(?)で作っていたりするNSRマニアです。

このプロスペック誌、作り手の興味の赴くままに作った結果、NSR乗り以外は理解不能な超マニアック本になってしまったので、ここでは『詳しくない人にも、ざっくりとNSRを理解していただく』をコンセプトに、NSRについて極力やさしく綴っていこうと思います。以降よろしゅうお願いいたします。

その(1):NSRの「形式」を判別する方法<前編>

`86年に発売され、`99年に生産終了となったNSR250Rには、大別して5つのモデルが存在します。まずは前編として、初代MC16型から、3代目となる`89年式のMC18型までを説明します。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハのフラッグシップLMW・ナイケン。これまでヤングマシンで行ってきた徹底テストでその…
  2. 流行するネオクラシックの中でも「軽量&扱いやすいモデル」として人気を集める、日本とイタリアの…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット トライアンフは、2月16日(土)より 3月10日(日)…
  4. 車検レスの軽量スポーツ刀は、250㏄としては大柄だったものの、親しみやすさはシリーズ随一だ。…
ページ上部へ戻る