NSR250R『そこそこ』マニアックス(1)<前編>

こんにちは。まつだと申します。本業はヤングマシンの編集部員なのですが、NSR250R好きが高じて、「プロスペック」という専門誌を副業(?)で作っていたりするNSRマニアです。

このプロスペック誌、作り手の興味の赴くままに作った結果、NSR乗り以外は理解不能な超マニアック本になってしまったので、ここでは『詳しくない人にも、ざっくりとNSRを理解していただく』をコンセプトに、NSRについて極力やさしく綴っていこうと思います。以降よろしゅうお願いいたします。

その(1):NSRの「形式」を判別する方法<前編>

`86年に発売され、`99年に生産終了となったNSR250Rには、大別して5つのモデルが存在します。まずは前編として、初代MC16型から、3代目となる`89年式のMC18型までを説明します。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
  2. ヤマハ発動機販売は、需要の創出や二輪市場活性化を目指し、より多くの人にツーリングの楽しみを提…
  3. トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、福岡県にある正規販売店「トライアンフ福岡」を1…
  4. エレガントなスタイリング&優れた動力性能 スズキは、エレガントなスタイリングと快適性、充実…
ページ上部へ戻る