7速DCTにメータークラスター搭載も確実 次期ゴールドウイングここまで分かった!

▲【予想CG】HONDA ’18 GOLDWING | 予想発表時期:’17年秋

長らくスクープしてきた次期ゴールドウイング。1800ccの水平対向6気筒エンジンを搭載する唯一無二のラグジュアリーツアラーが、2018年にエンジン、車体、電子制御、インターフェースのすべてを見直すフルモデルチェンジを果たすだろう。
発表見込みの東京モーターショーが近づき、より具体的な情報の入手に成功した。

スマート&安楽の極致走るスイートルームだ

やはりセミオートマのDCTが新搭載され、現行DCTの6速から7速に進化。スムーズな走りを実現する電子制御スロットルをはじめ、多様なシーンに合わせた走行モード、トラコン、取り回しに重宝する微動機能まで備える。
大胆にメスを入れたため、1832㏄水平対向6気筒は新作となるらしい。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿8耐4連覇、EWCの連覇を目指す ヤマハ発動機は、7月26-29日に鈴鹿サーキットで行…
  2. 新モデル「FTR1200」の生産開始を発表 インディアンモーターサイクルは、フラット・トラ…
  3. ▲昨年のJSB1000クラス レースシーン 「Enjoy Honda 2018ツインリンクもて…
  4. 卒業生の野左根・上和田に続き、チームノリックの底力を見せつける ■大会名:2018全日本ス…
ページ上部へ戻る