7速DCTにメータークラスター搭載も確実 次期ゴールドウイングここまで分かった!

▲【予想CG】HONDA ’18 GOLDWING | 予想発表時期:’17年秋

長らくスクープしてきた次期ゴールドウイング。1800ccの水平対向6気筒エンジンを搭載する唯一無二のラグジュアリーツアラーが、2018年にエンジン、車体、電子制御、インターフェースのすべてを見直すフルモデルチェンジを果たすだろう。
発表見込みの東京モーターショーが近づき、より具体的な情報の入手に成功した。

スマート&安楽の極致走るスイートルームだ

やはりセミオートマのDCTが新搭載され、現行DCTの6速から7速に進化。スムーズな走りを実現する電子制御スロットルをはじめ、多様なシーンに合わせた走行モード、トラコン、取り回しに重宝する微動機能まで備える。
大胆にメスを入れたため、1832㏄水平対向6気筒は新作となるらしい。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る