中須賀克行が「YZR-M1」でMotoGP日本グランプリに出場 6年連続となるワイルドカード参戦

2012年以来6年連続6回目の参戦

2017年10月15日(日)に、栃木県ツインリンクもてぎで決勝が行われる2017 FIM MotoGP世界選手権シリーズ 第15戦 MOTUL日本グランプリに、中須賀克行選手がワイルドカード参戦することが発表された。

中須賀選手は、「YAMALUBE YAMAHA FACTORY RACING」から「YZR-M1」マシンでMotoGPクラスに参戦。「YZR-M1」の開発ライダーとして、実戦を通じた開発評価を目的とする。

日本グランプリへの出場は今回で、2012年以来6年連続6回目。またMotoGPクラスへの出場は、2位表彰台を獲得した2012年の第18戦バレンシアGPを含めた通算8回目となる。

今シーズンの中須賀選手は、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」から全日本ロードレース選手権の最高峰クラスJSB1000に参戦しているほか、7月末の鈴鹿8耐に出場し、アレックス・ローズ選手、マイケル・ファン・デル・マーク選手とともに、ヤマハ発動機史上初となる3連覇、通算7度目の優勝に貢献した。また個人としても、日本人初、8耐史上2人目となる3連覇を達成した。

日本グランプリへは「Movistar Yamaha MotoGP」「Monster Yamaha Tech 3」に加え、中須賀選手を含めた「YAMALUBE YAMAHA FACTORY RACING」のヤマハライダーが出場する。

中須賀克行選手談

今回の日本グランプリ出場も、YZR-M1の開発評価が目的となります。ハイレベルなライダーを相手に、ここまで進めてきたことを自分で確認するチャンスであり、実戦を通じて走行スタイルのトレンド、世界のトップライダーが求める性能など、次の開発に活かせるものを感じ、吸収したいと思います。

また、M1のポテンシャルを自分の走りで証明するチャレンジの機会でもあります。強敵ばかりですが、中須賀らしいアグレッシブな走りを見せますので、ぜひサーキットで応援をお願いします。もてぎで待っています!

中須賀克行 プロフィール

■出身地
福岡県

■生年月日
1981年8月9日

■主な成績
2017年:全日本選手権JSB1000 ランキング20位(第6戦終了時)
2016年:全日本選手権JSB1000 チャンピオン
2015年:全日本選手権JSB1000 チャンピオン
2014年:全日本選手権JSB1000 チャンピオン
2013年:全日本選手権JSB1000 チャンピオン
2012年:全日本選手権JSB1000 チャンピオン
2011年:全日本選手権JSB1000 ランキング 5位
2010年:全日本選手権JSB1000 ランキング 4位
2009年:全日本選手権JSB1000 チャンピオン
2008年:全日本選手権JSB1000 チャンピオン
2007年:全日本選手権JSB1000 ランキング 4位
2006年:全日本選手権JSB1000 ランキング 9位
2005年:全日本選手権JSB1000 ランキング 12位
2004年:全日本選手権GP250 ランキング 5位
2003年:全日本選手権GP250 ランキング 8位
2002年:全日本選手権GP250 ランキング 5位
2001年:全日本選手権GP250 ランキング20位
2000年:全日本選手権GP250ランキング11位

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る