水野と榎戸がMoto2、中須賀がMotoGPに参戦!

国際モーターサイクリズム連盟(FIM)は、10月13日(金)~15日(日)に栃木県・ツインリンクもてぎで行われるMotoGPロードレース世界選手権シリーズ第15戦日本グランプリにワイルドカードで参戦するライダーを発表した。

MotoGP日本グランプリワイルドカード発表!

MotoGPクラスには、今年もヤマハMotoGPマシンの開発ライダーを務める中須賀克行がYAMALUBE YAMAHA FACTORY RACINGよりゼッケン21をつけて参戦。Moto2クラスには、全日本J-GP2クラスで目下ポイントリーダーにつけている水野涼と榎戸育寛がエントリー。

2人ともKALEXで参戦予定となっている。ゼッケンは、それぞれ#34と#33となる。Moto3は、日本人ライダーのエントリーはなかった。

「今回の参戦にあたりチーム、各メーカー様のご協力に心から感謝しています。夢の舞台で恥じのない様に全身全霊をかけて戦いたいと思います。皆様応援よろしくお願いいたします」とMoto2初参戦に向けて気合い十分の水野。

同じく初参戦となる榎戸は「Honda様を始め、ピーアップ中込社長や多くの方にご支援を頂き、この場に立つことができました。存在感を見せられるレースをしていきますので応援よろしくお願いします!」とこちらもレースが待ち遠しくて仕方がないようだ。

全日本J-GP2のトップを争う若き2人の活躍を期待したいところだ。

ワイルドカードで参戦する3人とレギュラーの日本人ライダーを、ぜひ応援しよう!

→全文を読む

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る