【マグザム 徹底インプレ】マシンの放つオーラが俺の存在感を最大まで高める

取材/撮影/文:Webikeバイク選びスタッフ


撮影協力:ヤマハ発動機株式会社

夜が似合うバイクで走りたい・・・。そんな時に選びたくなるバイクは何でしょうか?
快適な走行性能はもちろん、マシンから放たれるオーラがライダーを別世界へと呼び込んでくれる。そんな1台として選ばれるのがマグザムです。
大人な雰囲気あふれるマグザムの最大の魅力はどこにあるのか?
ウェビックバイク選びスタッフが迫ります!

【マグザム の ココがイイんです!】

|1| ゆったり広々座れる大柄ボディでタンデムも驚くほど快適!
|2| 収納多数!前にも後ろにはシート下にも収納スペースがあるのであらゆるシーンで大活躍!
|3| 他車には無いラグジュアリーな雰囲気で注目度高し!

【ヤマハ マグザム】
ディテール&試乗インプレッション

2017年に生誕10週年を迎えたマグザム。
独特のフロントマスクにロングボディなど、他のビッグスクーターとはひと味違う雰囲気で人気のスクーターです。
ラグジュアリーな雰囲気を持って快適に走行できる贅沢感は誰もが満足できるでしょう。
・・・という印象を持っていた筆者ですが、実際に触ってみるのは初めてでした。
どんなシーンでどんな乗り方が楽しめるのか?という点について「一般ライダー」目線で見ていきます!

【マグザム:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから】
マグザムのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
マグザムの新車一覧を見る
< ウェビックバイク選びおすすめのマグザム中古車一覧 >

シートスペースがとにかく広くて快適感溢れるフォルム

マグザムの第一印象は「長い!」でした。全長2365mmはとにかく長く感じます。というか実際長いです。
そしてシートスペースの広さが目立ちますね。
ロングボディゆえの余裕を感じ、シートも長さはもちろん足元の開放感は他のスクーターではあまり見られません。
それにアップ気味のハンドルが加わることで、操作時の窮屈な姿勢とは無縁のようなポジショニングに見えます。
それにしてもフォルムといいシートの作りなど「大人な雰囲気」が溢れてますね。

マグザムがどれだけ長いのか比較してみた

さて、第一印象で「長い」と思ったマグザムですが、一体どれだけ長いのかをお伝えすべく他の車両と比較してみました。

今回比較したのはこの2車種です。
・NMAX125(全長:1955mm)
・JOG DX(全長:1685mm)
ちなみに、マグザムは2365mmです。数字だけだとピンときませんね。

というわけで、まずはフロントタイヤを合わせてみます。

タイヤを合わせただけで既にマグザムのはみ出しっぷりが凄いです。そして低い。
NMAXと同じような感覚で車両を前に出してると前方にぶつけそうになりますので注意が必要です。

続いてリアを見てみます。

うーん、すごい出てますね。
リアBOX付けたNMAXよりも長いんです。一体マグザムにリアBOXを着けたらどこまで長くなるのでしょう。
ちょっと気になりましたが、今回は残念ながら検証できませんでした。いつか試してみたいです。

恐らくNMAXは原付二種スクーターとしては比較的車体の大きい方だと思います。それよりも400mm以上も長くなるので、慣れるまでは操作が少し難しく感じます。
特に気を付けたいのは内輪差。あまりクイックに曲がるとリアをぶつけてしまいそうですので注意です。

マグザムの快適性を体感!!

実際に乗車してどれだけゆったりなのか体感してみました。筆者初のマグザム乗車です。
まずは普通に跨ってみました。どれだけ楽に座れるのか期待いっぱいです。
しかし、筆者は身長180cmですが、シート高の低さがマイナス作用を起こしています・・・。結構窮屈です。
ハンドルも高いので、腕もちょっと縮こまる感じの乗車姿勢。
「これは快適!」とはなりませんでした。残念。

しかし、足の置き場の自由度が結構高いのは嬉しいです!
前方に投げ出す形で足を乗せることもできるので、長距離の走行やちょっと疲れてきたときでもすぐに楽な姿勢に切り替えることができます。

さて、次に身長167cm(足短め)のスタッフが乗車します。こちらもマグザム初乗車です。
シート高の低さの恩恵をしっかり受けることができており、ピッタリです。
ちょうど良い感じが伝わってきますね!本人からも「ちょうど良い足つきで怖くない」との事でした。

しかし、足を伸ばしてみるとかなりキツそうな乗車姿勢に・・・。無理に前方に足を伸ばさずに、中間くらいに足を置くのが一番ゆったり座れていますね。

▲キツそう・・・?
▲イイネ!

続いてタンデムです。
ややむさ苦しいショットにはなりますが、その辺りも含めて参考にしていただければ幸いです。
まずは筆者が前で座ってみます。
見た目ほど窮屈感はありませんでした!こういう時でも足の置き場に自由度が高いのは嬉しいです。
パッセンジャーに気を使って少し前に座ってもそこまで大幅に窮屈さが増すことはありません。

次に筆者が後ろに座ってみました。
前者との距離感は全然気にならないレベルで、ちょっと膝の位置に気を使いますが「常にお互いにぶつかって不快・・・」なんてことはありませんでした!
シート高が低いので自然と目線も低くなりタンデム特有の怖さというものは少ないです。

マグザムのシートは快適な座り心地!

シート高が低い事の恩恵は受けられなかった筆者ですが、シート自体の座り心地はかなり良かったです。
質感ももちろんですが、とにかくフラットで広いので座りやすい!更にバックレストも着いているので、後ろに体重をかけても安定して座れます。

また、タンデム側もバックレスト着きで快適に乗車できます。座面も広いのでかなり安定して座ることができました。
タンデムグリップが地味に握りやすくて好印象。冬に素手で握ったら冷たそうです。

【次ページ:マグザム収納編】

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る