国内仕様・180km/hリミッターカットで大化け! CBR1000RR SP&GSX-R1000R

2017年は国内仕様がフルパワーになった節目の年。
日本と欧州との環境規制調和が完了し、これまで国内仕様といえば海外仕様より出力が低かったり、マフラーなどの装備が異なっていたりしたが、それがついになくなり「ほぼ」同仕様となった。
「ほぼ」というだけあって、どうしても違う部分が残されている。

それが「180km/h速度リミッター」。せっかく国内仕様もフルパワーとなったのに、これではSSでサーキット全開走行を楽しみたいときに不満が残る。で、これを解除したとき真の実力はいかほどになるのかというのが今回の話だ。

17国内仕様SSをリミッターカットしたら驚きの実力!

速度リミッター以外は同仕様となったおかげで解除するのは、昔と比べて非常にシンプル。ECUを書き換えてしまえば、それだけでOKだ。
インマニやエキパイの径を海外仕様と同サイズにしたり隔壁を取り去ったりといったひと昔前のフルパワー化に必要だった改造は……。

→全文を読む

情報提供元 [  WEBヤングマシン ]

関連記事

ピックアップ記事

  1. コンセプトKXの発表でも大きな話題となったロイヤルエンフィールドから、270度クランク採用の…
  2. SCプロジェクトから、ヤマハ「YZF-R6 (‘17~19)」用スリップオンマフラーが登場し…
  3. ※記事内の画像はすべて、国内販売モデルと仕様が異なる場合があります。 カワサキEUは、「W…
ページ上部へ戻る