コツコツいじって楽しめる[SUZUKI ST250]

SUZUKI ST250 Eタイプ 2004 年式 (249 cc)
オーナー:フラさん

今回ご紹介する「ST250」は、スズキから2003年に登場。
1994年から2004年まで製造されていたボルティーの後継車種として、クラシカルなフォルムを引継ぎ、比較的リーズナブルで乗りやすい250ccネイキッドのスタンダードモデルとして開発されました。

2004年にはセルスターターに加えてマニュアルデコンプ式キック始動を装備した、ST250 E typeを追加。2008年には、自動車排出ガス規制に対応するため、キャブレター方式を廃止し、インジェクション方式を採用しフルモデルチェンジを果たしています。

スペック的に高性能は追求せず、手軽に乗れて日常使用に適した乗りやすいモデルのため、扱いやすく、カスタムもしやすいですね。

カスタムでは、グラストラッカーの純正部品を使用。車体のもつ気軽なイメージを残しつつ、しっかりとカスタムされていますね!デイトナのビンテージヘッドライトがいい味を出しています。

また、サスペンションにYSSのリアツインショックを使用。ゲルザブRを導入し、安定した乗り心地を実現しています。

可愛がれば可愛がるほど愛着が沸いてくるのがバイクというもの。手塩にかけて育てたバイクの鼓動感は格別です。

>>Webikeコミュニティで「フラさん」さんのバイク詳細情報をみる

【バイクのスペックやユーザーレポート、新車・中古車情報など盛りだくさん!】
「スズキ ST250 Eタイプ」車種別ページへ

■バイクがもっと楽しくなる Webikeコミュニティ

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る