BMW、二輪車にETCを全車標準装備することを発表 日本初の試み

二輪車用ETC2.0車載器

ETC2.0車載器の標準搭載は二輪車業界では日本初

BMWは、ETC2.0車載器を日本国内で販売する公道走行可能な全モデルへ標準搭載した。

自動車や二輪車の部品・用品の開発・販売を手がける株式会社ミツバサンコーワが製造するETC2.0車載器を、ビー・エム・ダブリュー株式会社が日本国内で2017年9月1日以降に販売する公道走行可能な全モデルへ標準搭載しました。

ETC2.0車載器の標準搭載は、BMWが二輪車業界では日本初となり、搭載するETC2.0車載器は防水・防塵・耐振に優れた二輪車専用モデルで、ETC2.0情報専用のインジケーターを持つ、GPS搭載機となります。

二輪車用ETC2.0車載器

【商品の特徴】
●ETC2.0情報専用インジケーターによる安全運転支援情報提供
●ETCカード有効期限切れ通知
●防水・防塵性能:「IP68」「IP66」を同時準拠(※)
 (アンテナ・インジケーター)
●20G耐振モデル
●ECE R10認証取得

※防水性能
IPX8:常温・水道水の水深1mに沈め、120分間放置しても製品に故障がないことを確認済みです。
IPX6:あらゆる方向からの強い噴流水によっても製品に故障がないことを確認済みです。
※防塵性能
IP6X:粉塵の侵入が完全に防護されていることを確認済みです。

【ETC2.0サービスにつきまして】
ETC2.0サービスは従来のETCで行える有料道路料金収受に加え、安全運転支援など、ライダーに有益な情報を提供するサービスです。
また、ETC2.0の経路情報を活用した高速道路料金の割引制度や一時退出・再進入の料金同一化が順次導入されております。

→全文を読む

情報提供元 [ 株式会社ミツバサンコーワ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. GROMグロムにヨシムラのマフラーで『I’ve Got The Power!』 201…
  2. キムコは、画期的なEVスクーター「New Many 110 EV」と「Nice 100 EV…
  3. バイク用ライディングブーツは何が違うの?快適なライディングを生み出す機能に迫ります! …
  4. 2018年6月6日、ボッシュ・グループ年次記者会見がボッシュ株式会社の渋谷本社で行われた。同…
ページ上部へ戻る