野左根航汰が、世界耐久選手権シリーズ2017-2018シーズンにYARTよりフル参戦

果たせなかったチャンピオン獲得へ

FIM 世界耐久選手権シリーズ(EWC)の2016-2017シーズンに参戦した野左根航汰選手が、今年9月に開幕するEWC 2017-2018シーズンに、「YART Yamaha Official EWC Team(YRAT)」のレギュラーライダーとしてフル参戦することが発表された。

チームメイトとなるライダーは昨シーズンと同じく、ブロック・パークス選手とマービン・フリッツ選手。野左根選手は開幕戦となるボルドール24時間(9月15-17日)から出場予定だ。

世界挑戦を通じ、次のステップに進む実力をつけるとともに、昨シーズンに果たせなかったチャンピオン獲得をめざす。

以下プレスリリースより


ヤマハ発動機株式会社は、世界へ羽ばたくライダーの育成を目的に、2015年から全日本ロードレース選手権・JSB1000に参戦するユースチーム「YAMALUBE RACING TEAM」を設立しました。

野左根選手はこのチームで実績を残し、2017シーズンからは「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」のライダーとしてJSB1000に参戦。さらにEWCへは第2戦のル・マン24時間から、「YRAT」の一員として参戦を開始しました。

前シーズンのEWCではル・マン24時間、オッシャースレーベン8時間での2戦連続2位、スロバキア8時間で4位、鈴鹿8耐の5位と、ランキング3位獲得に貢献。

JSB1000では第4戦もてぎ大会で最高峰クラス初優勝を果たすと、第6戦もてぎ2&4では今季2勝目をマークするなど大きな成長を遂げており、継続参戦によりさらなる成長が期待されます。

野左根航汰選手談

YARTの一員として再びEWCにフル参戦できることを心からうれしく思います。また、このような機会を与えてくれたマンディ監督、ヤマハに感謝します。

2016-2017シーズンは、慣れない環境、初のサーキットなど苦労しました。また、ホームの鈴鹿8耐でも期待に応えられず、めざしていたチャンピオンにも届かず、力不足を痛感しました。

それでも全日本のJSB1000ではここまで2勝と、EWCの経験が間違いなく僕を成長させてくれていることを実感しています。

2017-2018シーズンは2回目の挑戦、言い訳はできません。どんな環境でも戦力となってチームをチャンピオンに導き、ファンの皆さんに、さらに成長した姿を見せられるようがんばります。

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  2. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  3. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  4. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
ページ上部へ戻る