【アクシス Z(2017) 徹底インプレ】燃費良し!積載性良し!のコスパに優れた軽快スクーター

 撮影協力:ヤマハ発動機株式会社

欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレポートをお送りする、【気になるバイクを徹底インプレ!】

【ヤマハ アクシス Z】
ディテール&試乗インプレッション

今回の【気になるバイクを徹底インプレ!】はヤマハのアクシスZです!
スタイリッシュな見た目に軽量なボディを持つ車両です。

車体価格も安く、税金や消耗品など維持費の面においても経済的な原付二種クラスのスクーター。その中でもアクシスZは、通勤用スクーターを検討中の方に、ぜひオススメしたい素晴らしい注目の車両です!!

買いやすい価格ながらも、しっかりとした質感で安っぽさはどこにも感じさせません。軽量なボディにも、たくさんのメリットがあります。

燃費もとてもよくて、通勤用としてもベストな選択?!
そんなアクシスZの魅力をライバル車種とも比較をしながら、実用性を重視した視点で迫っていきます。

【アクシスZ:現行車種の詳細スペックはこちらから】
アクシスZのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
アクシスZの新車一覧を見る
< ウェビックバイク選びおすすめのアクシスZ中古車一覧 >

スリムで程よいサイズの車体

シャープでスタイリッシュなデザインです。
また、大きすぎず扱いやすいサイズ感です。
シートがかなり広く見えますね。

フロントビューとリアビュー

下部のウインカーが非常にかっこいいデザインですね。
エアダクトも付いており、引き締まったデザインとなっています。

出っ張り部分が少ないので、狭い場所を通る際も心配いりませんね。

軽量な車重と足つき良好なシート高

182cm 67kgのスタッフが跨った様子です。

深めに座っても後ろのシートはしっかりと空いています。

アクシスZの車両重量は100kgで、同社のシグナスと比較しても20kgも軽量です。
そのため小柄な方や、体力に自信の無い方でも、車両を支えやすく安心感があります。
センタースタンドを掛ける際や、狭い駐輪場で取り回しをする際、乗ったまま両足を着いて後進する場面などでも、気楽に操作することができます。
また軽量な車体は、燃費が良いことに繋がるのも、嬉しいメリットですよね。

反対に軽量な車両は、速度をあげた走行時の不安定さにつながりやすいものですが、アクシスZはしっかりとした車体とハンドルに伝わる接地感でそんな不安定さは感じませんでした。

シート高は770mmあり、スクーターの中で特に低い数値ではありませんが、車両自体が軽量なため、身長が低い方や体力に自信の無い方まで、安心して扱うことができるのではないでしょうか。

【 125ccスクーター 車両重量の比較 】

アクシスZ
100kg

アドレスV125S(スズキ)
101kg

リード125(ホンダ)
114kg

やはりアクシスZは、軽いですね!

バイクを駐輪場に出し入れするのって意外と心と身体の負担になるものですが、軽い車両だと気楽に出かけることができそうです。
ちょっと走っては停まってを繰り返すような、街中のショップ巡りでもアクシスZなら大活躍してくれるでしょう。

大容量のシート下メットインスペース

37.5Lもある、大容量メットインスペースはかなりの余裕があります。
リヤボックスを増設する必要も感じなさそうな大きさです。

同じヤマハのシグナスは29Lの為、やはりアクシスZはかなり大きな容量であることがわかります。
ライバル車のリード125は容量37Lで、ちょっとですがアクシスZのほうが大きいです。

ジェットヘルメットなら、サイズにもよりますが二個収納可能でしょう。
フルフェイスヘルメット二個はさすがに厳しそうですが、これはどのスクーターでも同様ですね。
ヘルメットを入れてから雨具を入れても問題はなさそうでした。

給油口をフロントに持ってくることで、大容量化を実現しているのですね。


※画像はジェットヘルメットとハーフヘルメットを収納した場合です。

500mlペットボトルは入りませんでしたが、折り畳み傘などちょっとしたものであれば収納できます。

ロングシート・タンデムステップ装備で快適なタンデムを

縦幅666mmの大振りサイズのシートを装備。
かなりゆったり~と座ることができ、座り方の自由度も高いです。

シートの表面は滑りにくい素材でできていることと、
掴みやすいタンデムグリップと折り畳み式のタンデムステップも装備されている為、2人乗りに慣れていない人を乗せる際も安心感があります。


ワンタッチで開くタイプとなっています。
シャキーンと出てきて少し格好いいです。

コンビニフック これで荷物を落とす心配はありません!

ハンドル下に設置されているこちらのフック、
通称コンビニフックですね。
ちょっとした買い物をしたときに非常に便利です。

こちらのモデルはなんと軽いものを掛けても落ちないようにリング状になっているのです。
コンビニフックならぬコンビニリングですね(笑)

リング状なのでビジネスバッグなどをこちらに掛けても、段差などの衝撃によってフックから外れる心配がありません。
また、使わないときは折りたたむことも可能です。

手を離すと元の位置に戻ります。


実際に掛けてみた様子です。
リング状なので安心感があります。

スムーズに加速する低燃費エンジン

燃費・環境性能を両立させた新開発のブルーコアエンジンを搭載しています。
そのためカタログ燃費はリッター55.7km(WMTCモード値)で、ヤマハの販売している125㏄スクーターの中ではトップの数値となります。

タンク容量は5.5Lなので、実用的な航続距離でも250km近くになるのではないでしょうか。
例えば、片道10kmの通勤だと二週間に一度給油するくらいで済むほどの燃費性能です。

かといって決して元気のないエンジンではなく、ストップしている状態から60km/hまでスムーズに伸びる、ゆとりのあるパワー感です。
夜の帰宅時の幹線道路など、四輪自動車の速い流れにも十分のっていける走行性能です。
同社のアクシストリートと乗り比べてみましたが、新開発エンジンを搭載したアクシスZの方が、より気持ちよくスムーズに加速していきました。

自宅から会社や最寄り駅までの距離が長いとガソリン代も懐に響いてくるものですが、アクシスZなら節約しながらも、気持ち良く走行して通勤をすることができそうですね!

給油口はハンドルポスト左下に設置されています。フロントにあることで給油の際にシートを開けるなどの操作も必要なく、とても楽に給油できます。
給油する際は鍵をここに刺して取り外します。

シンプルで見やすいメーターは、ECOランプと燃料計も搭載!

右上のECOランプは、アクセル開度などのセンサーから「燃費の良い状態で走行をしている」とされた際に点灯します。
視覚的に表示されると急発進や急加速などが減り、安全に走行することにもつながったりしそうです。
燃料計も常に目に入る位置にあるため、うっかりガソリンが空になってしまって立往生・・・なんてことも無くなるでしょう。

時計がないのは少し惜しいですね。必要な場合は社外品を装着することもできます。

全体的にシンプルな構成で視認性も良く、快適に走行することができるメーターと言えます。

灯火類は経済的なハロゲン球

灯火類はすべてハロゲンタイプを採用。
ウインカーの場合500円程度、ヘッドライト球であれば1500円程度で入手可能なのでこちらも経済的です。

テールはシュッとしたラインを強調するデザインでカッコイイ!

10インチホイールで軽快な走行を!

小径の10インチホールを装備しているため、路地でもキビキビと走行することができます。
車体も非常に軽いため、50㏄スクーターと同じような軽快感でした。

また12インチや13インチの大径タイヤと比較すると、10インチタイヤは安価で経済的なのも嬉しいポイントですね。
タイヤの種類にもよりますが、10インチと12インチの場合価格差はタイヤ一本あたり2000前後の差があるので、長い目でみると維持費に影響が出てくるポイントです。

買いやすい価格帯で優れたコストパフォーマンス!

買いやすい価格帯のアクシスZですが、必要なものはしっかりと装備されています。
高燃費な新開発エンジン、さらにしっかりとした質感のボディと現代的なデザインを備えているので、コストパフォーマンスがバツグンにいいのです。

同じ125ccスクーターで価格比較をしてみました。

アクシスZ
¥243,000

アドレスV125S(スズキ)
¥268,920

リード125(ホンダ)
¥293,760

と価格差は明らか。
装備や性能、デザインはそれぞれ一長一短や好みはありますが、
それでもアクシスZの戦略的な価格にはびっくりですね。

まとめ

最近シグナスを買った筆者ですが、アクシスZもとても魅力的ですね!
特にコスパの良さと、メットインスペースの広さは個人的にも非常に魅力的でした。

メインバイクのサブ機として買ったら遠出以外はこちらばかりに乗ってしまいそうですね・・・
それくらい軽快で、出かけるのが億劫にならない車両です。

低燃費かつ、軽い車体と大容量の収納がウリのアクシスZは、幅広い年齢や体格の人にも対応し、様々な用途にもマッチする「コスパに優れた」素晴らしいスクーターでした。

【アクシスZ:現行車種の詳細スペックはこちらから】
アクシスZのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
アクシスZの新車一覧を見る
< ウェビックバイク選びおすすめのアクシスZ中古車一覧 >

ウェビックバイク選び スタッフ

ウェビックバイク選び スタッフ

投稿者プロフィール

900ccスポーツバイクとカブを所有。好きなジャンルは90年代のSS。
ツーリングメインのライダーですが、たまにサーキットも走ってスポーツ走行も楽しんでます。
一般ライダーの視点で様々な車種の試乗インプレをお届けします!

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る