【新車】スズキ、「RM-Z250」4ストロークモトクロッサーモデルのカラーリングを変更して発売

スズキは、4ストロークモトクロッサーモデル「RM-Z250」のカラーリングを変更し、9月7日に発売する。

RM-Z250

メーカー希望小売価格(消費税 8%込):¥745,200(消費税抜き¥690,000)
発売日:2017年9月7日
車体色:チャンピオンイエローNo2 (YU1)

【主な変更点】
カラーリング変更
※メーカー希望小売価格・諸元に変更は無い。

【RM-Z250の主な特長】
ワークスマシンによって培われた技術を惜しみなく市販モデルに投入
・ スズキ・ホールショット・アシスト・コントロール(S-HAC) ※を装備。
・ KYB製PSF2エアサスペンションを採用。好みに合ったセッティングが容易になり、大幅な軽量化、ダンパー性能の向上、フリクションの低減を実現。
・ リヤショックはインテグラルアジャスタシステム搭載のKYB製リヤショックを採用。
・ 軽量化と同時に、フレーム剛性を最適化したメインフレームの採用。

※スズキ・ホールショット・アシスト・コントロール(S-HAC)スタート状況に応じたモードスイッチの選択により、ホールショット獲得及びスタート後のトップ走行を狙いとした新機構。 A/B/オフの3つのモードから選択が可能。さらにスタートからその後の状況を3つに分解し、各々の段階において最適化を実現した。

【RM-Z250:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

→全文を読む

情報提供元 [ スズキ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  2. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  3. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  4. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
ページ上部へ戻る