【新車】スズキ、「RM-Z250」4ストロークモトクロッサーモデルのカラーリングを変更して発売

スズキは、4ストロークモトクロッサーモデル「RM-Z250」のカラーリングを変更し、9月7日に発売する。

RM-Z250

メーカー希望小売価格(消費税 8%込):¥745,200(消費税抜き¥690,000)
発売日:2017年9月7日
車体色:チャンピオンイエローNo2 (YU1)

【主な変更点】
カラーリング変更
※メーカー希望小売価格・諸元に変更は無い。

【RM-Z250の主な特長】
ワークスマシンによって培われた技術を惜しみなく市販モデルに投入
・ スズキ・ホールショット・アシスト・コントロール(S-HAC) ※を装備。
・ KYB製PSF2エアサスペンションを採用。好みに合ったセッティングが容易になり、大幅な軽量化、ダンパー性能の向上、フリクションの低減を実現。
・ リヤショックはインテグラルアジャスタシステム搭載のKYB製リヤショックを採用。
・ 軽量化と同時に、フレーム剛性を最適化したメインフレームの採用。

※スズキ・ホールショット・アシスト・コントロール(S-HAC)スタート状況に応じたモードスイッチの選択により、ホールショット獲得及びスタート後のトップ走行を狙いとした新機構。 A/B/オフの3つのモードから選択が可能。さらにスタートからその後の状況を3つに分解し、各々の段階において最適化を実現した。

【RM-Z250:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

→全文を読む

情報提供元 [ スズキ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る