[MFJ]JRR Rd.6 JSB1000 野左根航汰が今シーズン2勝目をマーク!

全日本ロードレース選手権第6戦ツインリンクもてぎ2&4レースが8月19日(土)・8月20日(日)に開催された。

スタートから中須賀克行がトップに立ち野左根航汰、津田拓也と続きトップグループを形成する。
その後、津田がコースアウトして遅れると中須賀と野左根のヤマハファクトリー同士のトップ争いとなる。
そのままレース終盤を迎えると中須賀がスパート。野左根を引き離しにかかるが、V字コーナーで痛恨の転倒。

これでトップに立った野左根が、そのままチェッカーを受け今シーズン2勝目を挙げた。
2位争いは、コースアウト後、追い上げた津田が制し、高橋巧が3位となった。以下、高橋裕紀、渡辺一馬、山口辰也と続いた。

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る