ツインリンクもてぎ、MotoGP日本グランプリの開催契約を2023年まで延長

2019年から2023年までの開催契約を締結

ツインリンクもてぎを運営するモビリティランドは、MotoGPTM世界選手権シリーズを統括するドルナスポーツ社と、同シリーズの日本グランプリ開催契約を延長した。

今回、2019年から2023年までの開催契約を締結。ツインリンクもてぎでは、1999年の初開催以来18年連続で開催しており、今年は10月13~15日に開催される。

以下プレスリリースより


ドルナスポーツ社 CEO カルメロ・エスペレータ氏

ツインリンクもてぎの20周年を祝う場所で、新たな契約の発表が出来ることを心から嬉しく思います。

ツインリンクもてぎはHondaのホームコースであり、さらに日本グランプリはヤマハ、スズキなどMotoGPの中心となるメーカーにとってもホームグランプリであることから、チャンピオンシップの中でも、もっとも重要な大会の一つと言えます。

この大会を継続的に開催することで、我々はモビリティランドとともにMotoGPシリーズの価値をさらに高めていきたいと考えています。

株式会社モビリティランド 取締役社長 山下晋

ツインリンクもてぎ20周年の節目となる年に、フラッグシップレースであるMotoGP日本グランプリの継続開催を発表できることを、主催者として大変嬉しく思います。

日本グランプリを継続して開催することは、レースを楽しみにご来場いただくファンの皆様にとってはもちろん、このレースに関わるメーカーの皆様にとっても大変重要であると考えています。

厳しい環境ではありますが、このステージを安定的に提供することで、モーターサイクルスポーツ文化の発展に寄与していきたいと考えています。

この度、日本開催の重要性を理解し、延長契約に向け力強いサポートをしてくれたドルナスポーツ社に感謝いたします。


▲左:モビリティランド取締役社長 山下晋/右:ドルナスポーツ CEO カルメロ・エスペレータ氏

情報提供元 [ モビリティランド ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る